伊賀市・名張市広域行政事務組合 伊賀の国
 ホーム>> 伊賀広域圏のご案内>> 伊賀の国ってどんな所?

伊賀の国ってどんな所?


伊賀広域写真

 伊賀地域は古くから「伊賀の国」として知られ、俳聖松尾芭蕉や江戸川乱歩の生誕地、観阿弥創座の地であり、横光利一や林和比古、荒木又右衛門などゆかりのあるところとして知られています。
 また、伊賀流忍者のふるさととしても知られ、歴史文化遺産や伝統芸能が数多く残されています。

 当地域の北は滋賀県、西は京都府・奈良県に接し、三重県の北西部に位置しています。圏域の総人口は約18万8千人、総面積は687.93km2で、大阪・名古屋両大都市の約80km圏内にあります。
 東には鈴鹿山脈と布引山地、西には大和高原など山地に囲まれた内陸盆地で、圏域の約6割を森林が占め、淀川の源流域として自然環境に恵まれたところです。
  ホームに戻る