伊賀市・名張市広域行政事務組合 伊賀の国
 ホーム>> 伊賀の文化>> お国自慢>> 上野城の高石垣

上野城の高石垣

上野城の高石垣

 慶長13年、伊賀・伊勢両国の領主となった藤堂高虎は、徳川家康の秘命を受けて慶長16年の春、上野城と津城の大改修に着手しました。
 豊臣家討滅戦に備え、上野城の西側に日本有数の高さといわれる高さ15間の高石垣を構築しました。その景観はとても見事なものです。


  ホームに戻る