伊賀市・名張市広域行政事務組合
 ホーム>> 伊賀市・名張市広域行政事務組合について>> 主な事業 伊賀地方拠点都市地域基本計画

伊賀地方拠点都市地域基本計画

 伊賀地域は、近畿圏と中部圏のほぼ中間に位置し、名阪国道及び鉄道によって京阪神圏と1時間から1時間30分程度で結ばれていることから、近年、生産機能を中心に諸機能の集積が進んでいます。この発展的ポテンシャルを豊かな地域資源と優れた地理的特性を背景に、伊賀地域が一体となって計画的に拡大させていくとともに、その効果を周辺地域に波及させていくことが重要となっています。

 一方、「伊賀地区ふるさと市町村圏計画(21世紀伊賀グリーンネットワークプラン)」においては、人的交流を促進することで新たな地域発展を創出するとともに、文化性、創造性を高め、魅力ある多様な産業の集積を図りながら、全ての地域・世代の人々が愛着をもって快適に暮らせる自立したふるさと圏の形成を目指しています。

 伊賀地方拠点都市地域基本計画は、このような地域の位置付けと発展ポテンシャルを最大限に活かしつつ、医療・福祉や生活環境施設の整備などによる快適な生活空間の創出を基本として、伊賀地域の有する自然・文化資源などを活用することで、「職・住・遊・学」の調和した一体性のある地域の形成を目指しています。

 また、交通・情報ネットワーク体系の整備や拠点地域の都市機能の強化により、域内・域外との「人・もの・情報」の交流の拡大を図り、協調と協力のもと、国土形成に寄与する新たな核として機能する生活圏を形成し、「緑につつまれた暮らしいきいき情報文化交流都市圏・伊賀の国」の創造を目指すものです。

伊賀地域将来像のゾーニング
【伊賀地域将来像のゾーニング】

  ホームに戻る