伊賀市・名張市広域行政事務組合 伊賀の国
 ホーム>> 農業共済事業 >> 畑作物共済(大豆)

     畑作物共済 (大豆)

◆加入できるのは  
 15a以上栽培されている農家であれば加入できます。
 加入は農家ごとに作付けする農地の全てについて加入する事になります。
◆対象となる災害について
 風水害などの気象上の原因による災害、火災、病虫害及び鳥獣害による減収が対象となります。
◆被害申告の方法について
 風水害、獣害などにより、一筆方式については、農地ごとに減収量が基準収穫量の3割を超える被害があった場合、全相殺方式については、農家単位ごとに出荷数量の合計が平年並みの収穫量の1割を超える被害があった場合、半相殺方式については、農家単位ごとに減収量の合計が平年並みの収穫量の2割を超える場合に、損害評価野帳に被害内容等を記入後、共済組合に提出していただくことになります。
 なお、やむを得ず鋤き込むなど、収穫しない耕地がある場合は、現地確認が必要になってくるため、鋤き込む前に必ず共済組合へ連絡してください。
◆ 被害申告の方法について 

一筆方式
(7割補償)
 水稲・麦の一筆方式と内容は同じで、耕地一筆ごとに基準収穫量(平年収穫量)の3割を超える被害があった場合、その超えた部分に共済金が支払われます。全筆に被害がなくても一筆に3割を超える被害があれば対象となります。
半相殺方式
(8割補償)
 農家単位に引き受け、被害耕地の減収量の合計が農家の総基準収穫量の2割を超える被害があった場合(但し、各耕地の基準収穫量を越えた増収分は収穫量に含まない)、その越えた部分に共済金が支払われます。
全相殺方式
(9割補償)
 農家単位に引き受け、農家の総基準収穫量の1割を超える被害があった場合(但し、基準収穫量を超える増収があった耕地の増収分は、減収した耕地の減収分と相殺する)、その超えた部分に共済金が支払われます。
 加入の条件として、収穫量のおおむね全量を過去5年間農協へ出荷し、出荷量などが適正に確認できることとなります。
 




  農業共済事業課 農作物・畑作物係
    TEL
 :0595-24-2501
    FAX :0595-24-2265
    E-mailinfo.iga@nosai24.com


│畑作物共済(大豆)│
  ホームに戻る