伊賀市・名張市広域行政事務組合 伊賀の国
 ホーム>> 農業共済事業 >> 家畜共済

家畜共済

 家畜共済は、対象となる家畜が死亡、廃用、疾病及び傷害によって、損害が発生した時に支払われる事業です。
◆ 共済目的

原則として、出産後5ヶ月の末日を経過したもの。ただし、出世以後6ヶ月未満の子牛及び、受精後240日以上の胎児を対象とすることもできる。
種豚 出生後5ヶ月の末日を経過したもの。
肉豚 出生後20日の日(その日に離乳していない時は、離乳した日)から出生後8ヶ月の末日までのもの。なお、特定包括豚肉については、出生後20日の日(その日に離乳していない時は、離乳した日)を経過したもの。

◆ 共済目的の種類
 成乳牛、育成乳牛、乳用子牛等、肥育用成牛、肥育用子牛、その他の肉用成牛、その他の肉用子牛等、乳用種種雄牛、肉用種種雄牛、種豚、一般肉豚、特定肉豚
◆ 共済事故
【死廃事故】
 @ 加入家畜が死亡したとき。
 A 獣医師の治療を受け、治癒の見込みがないと診断されたとき。
 B 乳牛、肉牛の奇形の子牛が生まれたとき。
 C 妊娠240日以上の乳牛の雌又はその他の肉用牛が死産したとき。

【病傷事故】
 ◎ 加入家畜が病気やケガで治療を受けたとき。
◆ 共済期間
 共済掛金が納入された日の翌日から1年間です。ただし、肉豚については出生後8ヶ月の末日までです。
◆ 共済金額
 共済価額(対象家畜の種類ごとの評価額)の30〜80%の範囲で選択して加入できます。
◆ 共済掛金
共済掛金 = 共済金額 × 共済掛金率
 <共済掛金率>
 過去3年間の事故率とともに算出され、一般に3年ごとに見直されます。
※ 共済掛金は牛と馬については約50%、豚については約40%を国が負担します。
◆ 共済金の支払
【死廃事故】
支払い金額 = 損害額 × 共済金額 ÷ 共済価格
   ※ 死廃共済金支払限度額 = 共済金額 × 死廃共済金支払限度率

【病傷事故】
 死廃事故共済掛金支払限度額の範囲内で下記の算式によって算出されます。(ただし、火災や伝染病、気象上の原因による死廃事故は支払い限度額は適用されません)また、当該農家の過去の被害率が国の定める適用除外基準率を超えない場合、一定の要件を充たせば適用は除外されます。
 
損害額 事故家畜の価額 肉皮等残存物価額
又は
廃用家畜の評価額
保証金等
 死廃共済金支払限度額率は、地域別、家畜の種類別に過去3年間の被害率を基礎に農林水産大臣が定め、3年ごとに改定されます。
 加入家畜が病気やケガをしたときには、対象家畜ごとに定められた病傷事故給付限度内で診療に要した費用(初診料は除く)を給付します。ただし、給付限度を超えた場合には、農家の負担となります。

(注) 次のような場合には共済金の支払いができません。
 1.異動の連絡をしていない家畜が事故にあったとき。
 2.病気の原因が加入以前であったとき。
 3.飼育管理が悪く病気になったとき。


  農業共済事業課家畜・園芸施設係
         TEL :0595-24-2504
        FAX
 :0595-24-2265
        E-mail
info.iga@nosai24.com

  ホームに戻る