伊賀市・名張市広域行政事務組合 伊賀の国
 ホーム>> 特集 伊賀の文化・スポーツ活動紹介>> 野球で“村”を盛り上げよう(大山田村)
野球で“村”を盛り上げよう(大山田村)

大山田モンキーズ 我が“大山田モンキーズ”は、平成10年8月に発足し、大山田村在住者を中心とした野球好きの集まりです。チーム名の由来は、「大山田といえば“猿”」とのイメージから決まり、チームメイト全員のお気に入りのひとつです。
 チームの活動は、上野市野球協会に所属させていただき、シーズン中の日曜日と言えば、草野球に汗を流しています。
 昨年11月末、村の少年野球チームの指導者・保護者の方を中心に『大阪ドームで野球をしよう!』と計画し、大阪ドームで試合をしてきました。試合には少年達も参加し、“広い・眩しい・絨毯(じゅうたん)のような人工芝のグランド”で同じ白球を追い、大人も子どもも野球小僧になった夢の中のひと時でした。大人も子どもも、いい思い出になりました。
ドーム
 大山田村には、野球協会のような組織が今ありません。そんなことから大山田村では“野球”は、あまり盛んに行われていないスポーツのひとつです。僕たちが少年の頃に野球スポーツ少年団が発足し、その頃の監督・コーチの方から野球の面白さを教えてもらったのがきっかけ、“大山田モンキーズ”ができました。ゆえにチームメイトのほとんどが、小学生の頃に村の野球スポーツ少年団に入団していた者ばかりです。
 大山田モンキーズは、僕らが教えてもらった野球の楽しさを子どもに伝え、大山田に野球の面白さを伝えるメッセンジャーになりながら、自分達の野球を楽しんでいきたいと考えています。
 大山田の子ども達に、「好きな野球チームは?」と聞けば、「大山田モンキーズ」との答えが返ってくるようなチームにしていきたいと考えますので、応援宜しくお願いします。

大山田モンキーズ 主将 中孝幸さん
HP:http://www.ict.ne.jp/~yamadago/
目次へもどる 広域広報「ふるさと伊賀」2003.3月号 より

  ホームに戻る