伊賀市・名張市広域行政事務組合 伊賀の国
 ホーム>> 特集 伊賀の文化・スポーツ活動紹介>> 子ども達に“心のにじ”を(島ヶ原村)
子ども達に“心のにじ”を(島ヶ原村)

人形劇 第3回三重県民文化祭人形劇フェスタが平成8年に島ヶ原村で開催されました。その時に人形劇サークルが結成され、にわかに作ったという意味も含め、「インスタント」というサークル名で活動を始めました。
 人形劇を通して子ども達の心に“にじ”の様なきれいな橋をかけられたら・・・と願い、現在は「にじ」と改名しました。メンバーの職業は種々色々で、その利点を生かして、人形作り、台本作りをしています。ワイワイ、ガヤガヤ、ペチャクチャ??と夜遅くまで、時の経つのも忘れ頑張っています。まだまだ勉強不足、力不足ですが近年講演依頼も増え島ヶ原村内だけでなく、阿山町、上野市までおじゃまさせていただいています。また当村「やぶっちゃランド」において毎年独自講演(クリスマス会)を行っております。どうぞ「やぶっちゃ(島ヶ原弁で家族みんなでという意味)でお越し下さい。」お待ちしております。
 子ども達の笑い声、キラキラ輝く目、笑顔をもらった時の感動はすばらしいものです。子ども達に「心のにじ」をかけるのではなく、反対に子ども達から、メンバーが「心のにじ」をかけてもらっています。子ども達と人形劇を通して、感動の時、空間を共有出来る事を楽しみにしている私達です。
 “メンバーが無理せず末長く活動できる様地道に”、“演じる私達も楽しまなければ、子ども達に楽しんでもらえない”、“地域の子ども達に根ざした活動を”をモットーに、メンバーが心を合わせて活動していきたいと思っております。

人形劇サークル「にじ」 代表 杉澤真美さん
TEL:0595-59-2773
目次へもどる 広域広報「ふるさと伊賀」2003.3月号 より

  ホームに戻る