伊賀市・名張市広域行政事務組合 伊賀の国
 ホーム>> 特集 2004 伊賀の蔵びらきイベント紹介>> 公演「押絵と旅する男」(名張市)
名張市

 名張市は、昭和29年3月31日に市制が施行され、平成16年3月31日に市制施行50周年を迎えました。
 本年は市制施行50周年を祝い、名張の顔である能楽や乱歩に関わるイベント、乱歩や藤堂高吉公にゆかりある都市との交流などの記念事業を予定しています。そのなかで「生誕360年 芭蕉さんがゆく 秘蔵のくに 伊賀の蔵びらき」事業と連携した事業を二つご紹介します。

イメージ画像公演「押絵と旅する男」

【開催日】
平成16年9〜10月(日時は未定)

【内 容】
日本の探偵小説の創始者、江戸川乱歩“生誕の地”である名張市は“終焉の地”東京都豊島区と交流都市提携を行い、その交流の一環として、公演「押絵と旅する男」を開催します。
 この作品は、豊島区で池袋演劇祭45周年を記念して特別公演されたもので、江戸川乱歩の代表的短編小説を原作に、辻村寿三郎氏が構成・演出を手がけた、演劇人・噺家・人形師・舞踊家による異分野のコラボレーション演劇です。

【問い合わせ先】
名張市役所 総合企画室  TEL:0595-63-7394

創作狂言「乱歩狂言」

【開催日】
平成16年11月中旬

【内 容】
創作狂言「乱歩狂言」を開催します。
 日本の伝統芸能である狂言に、ミステリアスな乱歩の作品を取り入れたオリジナルの脚本で、大蔵流狂言師 茂山七五三氏が演じます。
 能楽の大成者観阿弥が座を建て、乱歩が生まれたまち名張で、ぜひ「乱歩狂言」をお楽しみください。

【問い合わせ先】
名張市役所 文化振興室  TEL:0595-63-7897


目次へ戻る

  ホームに戻る