伊賀市・名張市広域行政事務組合 伊賀の国
 ホーム>> 特集 伊賀7市町村の歴史紹介>> 青山町
青山町 あおかもちゃん
庁舎 青山町は町土の8割が緑豊かな「青い山」に恵まれ、昔から林業の町として栄えてきました。古い時代から阿保(あお)村・上津村あたりから青山峠までを「阿保(あお)の山」と呼んでいたことが文献にも残され、それが「青山」の語源になったと言われます。
 阿保は遠い昔、阿保という所に住んでいた一族集団が淀川を溯り移住して現在の青山町阿保へ住み着き、そこを阿保と名付けたと考えられ、万葉の古歌には「阿保山之 佐宿木花者 今日毛鴨 散亂 見人無二(あおやまの さくらのはなは きょうもかも ちりみだるらん みるひともなしに)」と詠まれています。
庁舎 青山町が生まれる前から、青山高原は関西の軽井沢と称され、ハイキングコースや避暑地として人気を集め、また、通信の要衝として旧電気通信省や米軍の施設も置かれて広く知られていました。戦後、新制中学が誕生し、阿保町と上津村が青山中学校を設立した頃から、商号や屋号にも「青山」が使われるようになりました。
 町名の「青山」は初瀬街道の青山越として歴史的に親しまれており、「青」は発展の意気に燃えて伸びゆく姿。「山」は高い理想を象徴するものとして、自然景観にぴったり合っているということで、1955年(S30年)新しい町の名に選ばれました。

参考文献
・『阿保山の歴史』 松本仁志著 1995年3月
・『青山町史』 1979年3月
・『広報あおやま』 1985年12月号
目次へもどる

  ホームに戻る