伊賀市・名張市広域行政事務組合 伊賀の国
 ホーム>> 特集 伊賀7市町村の歴史紹介>> 島ヶ原村
島ヶ原村 シュマ博士
庁舎 「島ヶ原村」は明治22年の町村制の施行とともに誕生しました。しかしそれ以前から「しまがはら」という言葉は使われており、江戸時代以前は「嶋ヶ原」という字が使われていたそうです。しかも平安末期には興福寺西金堂領島原保として村あるいは何らかの行政単位として確認されていたと言いますから、驚きです。
 では、「しまがはら」あるいは「しまはら」という名の由来はどこから来ているのでしょう。
 現在二つの説があります。一つは、四方を山に囲まれた真ん中に、島のように広がる野原があったからだという説と、もう一つは太古の人が岩石のことを「シュマ」と呼んでいたことから、岩石の多いこの地を「シュマの原」と呼んだからだという説です。
 どちらが本当かはよく判っていませんが、いずれにせよ「しまがはら」という名前にはとても古い歴史があります。そして、これからも伊賀市の中の「島ヶ原の郷」として新しい歴史を確実に刻んでゆきます。

目次へもどる

  ホームに戻る