伊賀市・名張市広域行政事務組合 伊賀の国
 ホーム>> 特集 語り部さんが選ぶ伊賀の名所・スポット>> 了源上人遷化の地(阿山町)
伊室春利さんの写真
ふるさと三重の語り部
伊室春利さん
了源上人遷化の地(阿山町)

石碑の写真 三重県と滋賀県の県境、阿山町丸柱地内の通称「桜峠」には、京都仏光寺第7世了源性空上人が殺害された悲しい物語があります。
 建武2年(1335年)12月8日、南北朝時代の騒乱のさなか「王法為本 破邪顕正 君臣明分」を宣示し、伊賀地方布教の帰途にあった京都仏光寺第7世了源性空上人が、上人の布教を快く思わない者に弟子1名とともに殺害されました。
 死に臨んだ上人は、法衣の左袖を裂き、流れる血潮に指を染め、『我の死は宿業なり、この者を罰するな。彼は懺悔の心あり、よろしく後世を教えよ』と書き終え亡くなったと言われています。
 当時七里峠と呼ばれていたこの峠は、了源上人の鮮血に染まり、あたかも桜の散るのに似ていたので、人々はこの峠を「桜峠」と呼ぶようになりました。
 その後、木立に囲まれた了源上人遷化の地には石碑が立てられ、信者だけでなく阿山町や滋賀県信楽町の人々によりきれいに清掃され、上人の高徳を讃えています。

地図
目次へもどる

  ホームに戻る