伊賀市・名張市広域行政事務組合 伊賀の国
 ホーム>> 特集 語り部さんが選ぶ伊賀の名所・スポット>> 霊山寺の石仏群(伊賀町)
中川 甫さんの写真
ふるさと三重の語り部
中川 甫さん
霊山寺の石仏群(伊賀町)

石仏群の写真 霊山寺は霊山の中腹にあり、秘仏の十一面観音を本尊とした黄檗宗(おうばくしゅう)の寺です。宇治万福寺の末寺は伊賀ではここだけです。周辺は櫻の名所でもあり、境内にある樹齢300年のオハツキイチョウは三重県天然記念物にも指定され大変有名です。また、霊山山頂への登山拠点であるので一年を通じて多くの人々がここを訪れます。
 しかし、寺の旧参道と釣鐘堂周辺に安置された石仏群はあまり知られていません。江戸末期の文化・文政頃に作られたもので、高さが30〜50センチメートル程の小さな石仏が100体あまり並んでいます。一つ一つの表情はそれぞれ特徴があり、見ていても飽きがきません。この石仏を九州臼杵の石仏群を小さくしたようだと感心した歴史学者もいます。夏の一日、緑の中に涼を求めて石仏との出会いを楽しんでいると、まるで別世界に迷い込んだような気持ちを覚えます。
霊山寺の写真 霊山寺へは名阪国道伊賀ICから霊山林道に入れば約5分程で到着します。きれいなトイレが整備されており、休憩所も新たに改築されました。
 健脚のひとは山頂に足を伸ばすことをお薦めします。三重県天然記念物のアセビ、イヌツゲの群生地を通り抜け中世の寺院跡を散策したのち、霊山山頂より伊勢湾や琵琶湖を遠望すると、自然の雄大さを感じずにはいられないでしょう。

地図
目次へもどる

  ホームに戻る