伊賀市・名張市広域行政事務組合 伊賀の国
 ホーム>>消防の広域化の検討

伊賀ブロックでの消防の広域化の検討 

 総務省消防庁では消防の広域化を推進するため、平成18年6月に消防組織法の一部改正を行い、同年7月には消防庁長官より消防本部の広域化の推進に関する基本的な事項等が「市町村の消防の広域化に関する基本指針」(以下「基本指針」という。)として定められました。
 この基本指針において、都道府県は平成19年度中に消防広域化推進計画(以下「推進計画」という。)を策定することが求められ、推進計画策定後、5年度以内(平成24年度)に広域化対象市町村において、「広域消防運営計画」を作成し、消防の広域化の実現を目指すこととしています。
 このことを受けて三重県では、県議会、三重県消防広域化推進懇話会、各市町長、各消防本部消防長からいただいた意見、消防職員アンケート結果及びパブリックコメント等を踏まえ、「三重県消防広域化推進計画」を平成20年3月に取りまとめられています。
 この計画に基づき、伊賀ブロック(伊賀市・名張市)での消防の広域化を検討するため、伊賀市・名張市広域行政事務組合に「伊賀ブロック広域消防運営計画策定委員会」が設置されました。

※参考ホームページ   
   ○三重県「消防の広域化について」
   ○総務省消防庁「消防広域化推進関係資料」

 策定委員会では、「三重県消防広域化推進計画」に基づき、平成25年4月を消防広域化の目標としていましたが、平成24年2月の策定委員会で平成25年4月の広域化は断念することで協議を行いました。
 現在は広域化の時期や期限を設けず、将来的な統合可否を含めて協議を継続しています。



●なぜ伊賀ブロック(伊賀市・名張市)で検討するのか?
 平成19年4月現在で三重県内には15の消防本部がありますが、三重県消防広域化推進計画では、将来目標として県域一括での消防組織が効果的としつつ、三段階での広域化を考えています。
 その第一段階として、三重県を8ブロックの消防本部で再編することを平成24年度までの目標としています。当地域では「伊賀市」「名張市」での広域化が適切であると考えられています。
 三重県での計画策定を受けて、平成20年度に伊賀市・名張市・三重県での意見交換会・消防広域化研究会での協議を経て、当組合に「伊賀ブロック広域消防運営計画策定委員会」が設置されました。
●今までの取組状況

  平成20年12月  両市議会議員全員協議会で消防広域化の取組を報告
  平成21年2月   広域議会において任意の協議会の設置について報告
  平成21年3月   第1回策定委員会を開催
  平成21年4月   第2回策定委員会を開催
  平成21年7月   広域議会へ「広域消防運営計画(第一次)」(案)の報告
  平成21年10月  第3回策定委員会を開催
  平成22年3月   第4回策定委員会を開催
  平成22年11月  第5回策定委員会を開催
  平成23年2月   第6回策定委員会を開催
  平成23年2月   広域議会へ策定委員会の進捗状況について報告  
  平成23年6月   第7回策定委員会を開催
  平成23年7月   広域議会へ策定委員会の進捗状況について報告
  平成24年2月   第8回策定委員会を開催
  平成24年2月   広域議会へ策定委員会の進捗状況について報告

 策定委員会の状況については、次のページを参照してください。
 これまで開催された策定委員会の資料は、次のページを参照してください。

| 伊賀ブロックでの消防広域化の検討 |


  ホームに戻る