-machisyu-





※伊勢河崎商人館※

 
河崎のまちづくり

河崎のまちづくりの経過
対立から協働へ
住民によるまちづくりの始まり(昭和54年)
 勢田川の改修計画に対する住民の異議申し立てから始まったまちなみ再発見と保存運動
 住民による河川改修の提案とまちなみ調査(観光資源保護財団)
「伊勢河崎の歴史と文化を育てる会」の結成(昭和54年)
 講演会、見学会の開催などを啓蒙活動。機関紙「河辺の里」発行
河崎まちなみ館の開館(空蔵を利用したミニ資料館)(昭和57年)
 活動拠点として、企画展示、まちなみ寄席の開催などまちづくり運動を持続できた拠点
立退きの進行とまちなみ保存、修景の動き
 まちなみ案内板の設置(S60年)
 村田家土蔵の保存再生。茶房伊勢(現・河崎蔵)及び車庫、町家の修景
河川改修の長期化
 建設省との協議、改修方法など住民案を提示しながら話し合う
 まちなみ保存運動の停滞(まちなみ館運営、天王祭まちなみ広場の開催を中心の運動)
伊勢河崎・蔵バンクの会発足(平成8年)
 町並み保存の危機を迎え、河崎の特徴である土蔵の保全再生を図り「商い」をキーワードに
 まちづくりを進める。河崎倶楽部など若い人達を含め、新たなまちづくり団体で構成することで
 運動を輪を広げる。美容院の開店協力ほか土蔵調査、アンケート調査実施
行政、時代の変化
 伊勢河崎マスタープランの市民参加型による地域別構想の策定。マスタープランの中で
 河崎を勢田川歴史文化交流軸の中心として歴史文化交流拠点として位置付けた
 (かつて伊勢市は河崎は残す価値はないといっていた)
旧小川商家(伊勢河崎商人館)の買い上げ(平成11年)
 蔵バンクの会を中心に保全再生案を示しながら市と協議し、保存にこぎつける。
 河崎全体のまちづくりの方向性も含めて提案する
NPO法人伊勢河崎まちづくり衆の設立(平成11年)
 伊勢河崎商人館の管理運営を中心に河崎のまちづくりを推進していく
 組織として河崎のまちづくり団体を結集する形で設立
行政とNPO法人伊勢河崎まちづくり衆との協働
 伊勢河崎商人館の基本構想から管理運営について協働で行う
 建設省も一部を特別修景地区としてまちなみ景観に配慮した改修を行うことになった。
 中心市街地商業等活性化基本計画に河崎地区も組み入れる(河崎部会)。
 景観マスタープランを策定し、まちなみ保全地区指定を視野に入れて住民の理解を得られるよう
 運動を始めた
伊勢河崎商人館の開館とNPO法人伊勢河崎まちづくり衆による運営開始
 (平成14年8月)
 平成14年8月25日伊勢河崎商人館 開館。新たな河崎のまちづくりのスタートを迎える。
 伊勢河崎商人館は単なる資料館ではなく、
 河崎のまちづくりを活性化する拠点として運営される。また商業活性化として
 約30ブースのミニショップを開設。同時に現在の2丁目河崎本通りの連続立面調査を含む
 河崎のまちづくり調査を行う(平成14年度委託事業)
 皇學館大学の学生の協力により歴史関係の掘り起こしが行われ、河崎の新たな発見があった
  (金融面、瓦産業、伊勢春慶など)
河崎まちづくり協議会を設立(平成14年6月)
 河崎の各種団体(22団体)に呼びかけ、まちづくり協議会を設立。
 まちづくり衆が事務局を担当し、毎月の例会を開催。これを機会に、今まで活動範囲から
 離れていた勢田川右岸(3丁目)の住民の方々とも一緒にまちづくりについて協議する場ができた。
「海の駅・川の駅」整備構想を策定し、川を生かしたまちづくりを検討(平成14年9月)
 河崎川の駅建設にい伴い勢田川流域の3地区(大湊、神社、二軒茶屋)
 のNPOに呼びかけ、勢田川をいかしたまちづくりを連携して行うため整備検討会議を組織し
 「海の駅・川の駅」整備全体構想を策定。
伊勢市が空土蔵を買収し「河崎川の駅」として改修整備し、開設(平成15年7月27日)
 平成15年7月27日河崎・川の駅を開設。
 改修整備の企画、設計(建築士会青年部有志が協力)及び
 管理運営をNPO法人伊勢河崎まちづくり衆が担当。

現在の取り組み
 @河崎の町並みをいかしたまちづくりのルールづくりを調査研究。
 伊勢市の風景まちづくり条例の制定に合わせ、法規制を含む河崎のまちづくりの再検証作業
 である(H15年8月23日 新蔵蔵談義2−河崎の町並み、建物を守り、創り、育てるには−を開催)
 A空家、空蔵の活用事業。伊勢商工会議所まちづくり委員会、
 TMOと連携して進めている。京都の町屋倶楽部、京町家再生研究会を参考に、
 また神社みなとまち再生グループ、大湊地区とも連携をもった仕組みを検討中である。
 BNPO伊勢「海の駅・川の駅」運営会議を設立し、
 海の駅・川の駅を整備し、伊勢川湊の再生による、湊湾と川をいかしたまちづくりと
 流域連携をはかった地域づくりを進める。

今後の展望
 現在取り組んでいる事業を何とか実現できるように、いろいろな支援を
 受けながら町づくり衆の知恵と情熱で進めていきたい。
 ・活用が一番の保全策という姿勢で取り組む
 ・仲間を増やし、まちづくりの広がりを進める
 ・河崎のまちづくりの全体像の共有化を図った活動
 ・まちなみ保全、まちづくりのルールづくり−市の風景まちづくり条例の活用
 ・川沿い景観の歴史文化を継承した再整備(伊勢川湊の再生事業の一環)
 ・空家、空蔵の利活用を推進する仕組みづくり−蔵バンクの会の活動
 ・既存店と連携した町屋景観、商業開発も含めた協働事業の推進

まちづくり活動の組織
 NPO法人伊勢河崎まちづくり衆の概要について案内する

理事長 高橋徹
副理事長 榎本浩忠 村田幸男 
特定非営利活動法人伊勢河崎まちづくり衆 定款 第1章 総則
(名称)
第1条 この法人は、特定非営利活動法人 伊勢河崎まちづくり衆という。
(事務所) 第2条 この法人は、事務所を三重県伊勢市河崎2丁目5番9号に置く。
第2章 目的及び事業
(目的) 第3条 この法人は、歴史ある伊勢河崎の町を愛する人々と共に、伊勢河崎のまちづ     くりに関する事業を行い、歴史と文化を活かしたまちづくりに寄与することを目的と
     する。
(特定非営利活動の種類)
第4条 この法人は、前条の目的を達成するため、特定非営利活動促進法(以下「法」と
     いう。)別表第3号「まちづくりの推進を図る活動」に該当する特定非営利活動
     を行う。
(事業)
第5条 この法人は、第3条の目的を達成するため、次の事業を行う。
    (1)特定非営利活動に係る事業
      @伊勢河崎まちづくり事業
      A河崎の町並みの調査研究事業
      Bまちづくりに関する各種受託事業
      C伊勢河崎まちづくりを支援する活動に対する協力
      D伊勢河崎商人館の管理運営事業
    (2)その他の事業
      @物品販売事業
   2 前項第2号に掲げる事業は、同項第1号に掲げる事業に支障がない限り行うも
     のとし、その収益は同項第1号に掲げる事業に充てるものとする。

Copyright (c)2004 isekawasakisyouninkan.All Rights Reserved.