日蓮正宗教学 正像末の三時
トップページ 日蓮正宗教学

正像末の三時

釈尊は自らの入滅後の未来について、正法・像法・末法という三つの時代があることを、種々の経文に説いています。

正法時代とは、釈尊の仏法が正しく伝えられ、これを修行する民衆が盛んに証りを得る時代、像法時代とは、民衆の仏法に対する素養(機根)は正法時代より劣るけれども、仏法を盛んに修行する姿は正法寺代に似ており、形式化されて仏法が伝えられ利益をもたらす時代、末法時代とは、釈尊の仏法の利益が全て失われてしまう時代であります。

この正像末の三時の期間につきましては、経文によって異説もありますが、一般には、正法千年、像法千年末法万年とされています。

また『大集経(だいしっきょう)』の五箇の五百歳の説によれば、釈尊滅後、はじめの五百年を解脱堅固(げだつけんご)といい、仏法によって証りを得て誤りのない時代、次の五百年を禅定堅固(ぜんじょうけんご)といって、禅定(心を一点に定めて思惟すること)が盛んに行われて証りを得る時代、次の五百年を読誦多聞堅固(どくじゅたもんけんご)といって、経文の読誦や教義の研究論議が盛んに行われて利益のある時代、次の五百年を多造塔寺堅固(たぞうとうじけんご)といって、塔や寺が盛んに建造されて利益の有る時代、そして五番目の五百年は、五五百歳(第五の五百年の意)または後五百年(最後の五百年の意)といい、闘諍堅固(とうじょうけんご)・白法隠没(びゃくほうおんもつ)、すなわち世の争いごとが盛んとなり、白法(びゃくほう、悟りの法の意で釈尊の仏法自らを指す)の利益がことごとく隠没する時代である、としています。

この五箇の五百歳を正像末の三時にあてはめますと、解脱・禅定堅固の二つの五百年、すなわち釈尊滅後一千年間が正法時代、読誦多聞堅固・多造塔寺堅固の二つの五百年、則ち釈尊滅後一千年から二千年までの一千年間が像法時代、第五番目の五百年が末法時代の始まり、ということになります。

このことについては、日蓮大聖人も明らかに、
「大集経に、大覚世尊(だいかくせそん)、月蔵菩薩(がつぞうぼさつ)に対して未来の時を定め給えり。所謂、我が滅度(めつど)の後の五百歳の中には解脱堅固、次の五百年には禅定堅固、次の五百年には読誦多聞堅固、次の五百年には多造塔寺堅固、次の五百年には我が法の中に於て闘諍言訟(とうじょうごんしょう)して白法隠没せんこ等云々」(新編836頁)
と仰せられています。

さて以上のように、釈尊入滅後の未来が三時(あるいは五箇)と分類されたのは、仏滅後、時代が下れば下るほど、次第に民衆の生命が濁り、仏法に対する機根も下劣となっていくことによっています。

それには種々の理由が考えられますが、まず、釈尊の時代から遠のくにしたがい、次第に仏法との結縁(けちえん)が薄い民衆が出生してくること、また、政治や文明の進歩・発展に伴って、かえって貪欲・怒り・愚痴・慢心等が強く引き起こされ、人心は歪んで行為は堕落すること等が挙げられるでしょう。

しかして、時代と共に次第に機根下劣となっていく民衆を救うためには、それぞれの時代に適した教えが弘められねばなりません。それは、
「病によりて薬あり。軽病には凡薬をほどこし、重病には仙薬をあたうべし」(新編690頁)
と仰せのように、軽病には軽い薬を与え、重病には強い薬を与えて効果があるのと同じ道理で、機根が勝れる者には低い教えをもって、下劣の者には高度な教えをもって、はじめて救うことができるからであります。

ゆえに、正法時代の前半五百年には、仏教の中でもっとも低下とされる小乗教を迦葉阿難等が弘め、後半五百年には、さらに勝れた教法である権大乗教を竜樹・天親(てんじん)等が弘め、像法時代には、最勝の教法である法華経を迹門を中心に天台・伝教(でんきょう)等が弘めて、それぞれの時代と民衆を導き利益したのであります。

そして、いよいよ時代が像法を過ぎますと、世界史上にもすさまじい民族興亡が起こり、日本でも承久の乱をはじめとする内外の謀反や侵略、前代に超過する天変地異が相次いで起きました。日蓮大聖人は、経文と当時の世相の符号を深く考慮せられ、この時こそ釈尊が闘諍堅固・白法隠没と示された末法時代に他ならない、と決せられたのです。

この末法時代について、釈尊は『法華経』に、
「我が滅度の後、後の五百歳の中に、閻浮提(えんぶだい)に広宣流布して断絶せしむること無かれ」(開結605頁)
「悪世末法の時、能くこの経を持たん者」(開結528頁)
「日月の光明の 能く諸(もろもろ)の幽冥(ゆみょう)を除くが如く 斯の人世間に行じて 能く衆生の闇を滅し」(開結584頁)
「悪口(あっく)罵詈(めり)等し及び刀杖(とうじょう)を加うる者有らん」(開結441頁)
「数々(しばしば)擯出(ひんずい)せられん」(開結443頁)
等と説き、末法に日月の光明のごとき大人格者が出現され、経文に示される種々の大法難を体験して、法華経の肝心要の法を説き弘めることを予証しています。

ここで深く留意せねばならないこととして、末法時代は、白法隠没の語が示す通り、仏法に結縁していない愚人・悪人等が充満するため、もはや釈尊のいかなる仏法をもってしても、民衆を救済することのできない時代であります。したがって、末法に弘通される法華経の肝心要の法が、すでに白法隠没した釈尊の法華経ではことは自明であり、前に述べた釈尊の末法に関する予証も、釈迦仏法にかわる、末法のための最高真実の仏法が出現することを示しているのです。

しかして、釈尊の種々の文(もん)の奥底(おうてい)に秘められた肝心要の法を説き弘められた御方こそ、全世界において日蓮大聖人ただ御一人であります。このことは歴史に照らしても明らかなところであり、大聖人の三大秘法の仏法こそ、末法の長い闇を破って民衆を救済する、前代未聞の大白法なのであります。 

第一の五百歳 解脱堅固 正法時代
第二の五百歳 禅定堅固
第三の五百歳 読誦多聞堅固 像法時代
第四の五百歳 多造塔寺堅固
第五の五百歳 闘諍堅固・白法隠没 末法の始め


5、三大秘宝 トップページ 日蓮正宗教学