2011314日(月)1930

於:名張市武道交流館いきいき

 

名張市PTA連合会第5回理事会事項書(議事録)

 

1.あいさつ

   会長より

   年度末ということで、単Pでもいろいろとお忙しい中、ありがとうございます。連日報道されていますとおり、3月

11日に非常に大きな痛ましい災害が起こり、テレビを見ていても大変心が痛みます。被災地のご出身の方、ご親族がおみえの方もいらっしゃるかもしれません。心よりお見舞い申し上げます。P連でも、今年度「防災体験」を行なったが、災害は時と所を選ばずに起こる。これを機会に親子で防災対策など話し合っていただけたらと思います。また、あとで議題に取り上げていただきたいが、私たちも何か支援ができないかと思っていますので、皆さんのご意見を聞かせていただきたいと思っています。

   校長会より

   会長さんからもお話がありましたが、私どもも悲痛な思いでテレビに釘付けとなっています。

   今年度、市内の学校では大きな事故や事件もなく、1年を終えられそうです。これもひとえに学校をPTAの皆様が支

えてくださったおかげです。ありがとうございました。今年度の理事会は本日で終わりかと思いますが、今後ともよろ

しくお願いいたします。

三教組名張支部より

   冒頭、会長さんからもお話がありましたが、教職員組合でも今回の災害に対して何か行動を起こせないかと話し合っています。協力できることもあるかと思います。

この場をお借りして、皆様にお礼を申し上げたいと思います。まず、「教育の明日を語る会」ですが、今年度は形を変えて行ないましたが、役員さんをはじめ皆さんのご協力で成功することができました。また、「県の教育予算に関する団体署名」は三重県独自の取り組みで、県の教育長にも1枚1枚目を通していただき、一定の予算をつけてもらっています。ご協力、ありがとうございました。

 

※南中より、「PTA男子バレーボール大会」に関するアンケートのお願い(別紙)

   これは名張市バレーボール協会が行なっているものだが、昨年も学校の奉仕作業と重なって出られなかった。この大会は、以前は10校ぐらいの参加があったが、昨年一昨年は4校で、盛り上がりに欠ける。前向きな提案をしたいと思って、アンケートを思いついた。別紙にご記入いただき、帰りに回収させていただくので、ご協力をお願いしたい。

 

2.SC委員会について

   323日(水)19:30〜 いきいき まちづくり活動室

 3月10日付けの新聞でも報道され、皆さんご存知と思うが、市議会で教育長が来年度から5年間で国津、滝之原、錦生の3校を統廃合すると答弁した。このことも考慮して、23日のSC委員会では、今後の方向性も含めて話し合いたい。ご意見のある方は、ぜひ会議に参加していただきたい。当日参加できない方は、ご意見や要望を事務局までファックスで送っていただいてもいい。

 

3.日P大会について

 今年度、3回分科会実行委員会を開いたが、これは準備段階の実行委員会で、来年度単Pの会長さんなどにも委員になっていただいて、設立総会を開催する予定。次年度の会長さんにその旨を引き継いでいただきたい。

 

4.指名委員会より

 指名委員長より報告

  10/511/212/2と指名委員会を開き、推薦いただいた中から検討を重ね、次の方を推薦することになった。

   2011年度会長 山森 理宏さん(北中)、副会長 森岡 敬一さん(赤中)、副会長 村山 奈緒美さん(薦原小)

 

5.桜まつりについて

   予算不足を補うため、模擬店を実施

    42日(土)(雨天順延)

    午前8時集合、午前10時〜午後4時までお好み棒とアメリカンドッグ販売、午後4時から片付け

 今回で3回目。いつも役員さんにご協力をいただいているが、人手が足りない。少しでもいいからご協力いただけたらと思う。

   ※短冊購入のご協力をお願いします(別紙

 あとで、販売させていただきます。ご協力よろしくお願いします。

 

6.会計中間報告(別紙2,3)

 (別紙2)会費は予定通り。事業費は、「なばり子どもセンター」の業務(「レインボー名張っ子」の編集・発行、HPの管理)委託料として30万入っており、桜まつりの収益はここに入れる。

 活動費が大変低くなっているが、これは今年度の大きな事業の「防災体験・消防体験」と「わくわくどきどき議会体験」を三重こどもわかもの財団の助成金でほとんどを賄ったため。別会計となっているので、裏面(別紙3)にその明細を出している。

 先日の役員会では了承していただいたが、シュレッダーを購入させていただきたい。

 

 

7.各種委員から今年度の報告

・先ほど教職員組合からのお話にもあったが、今年度から「教育の明日を語る会」のやり方や参加人数に大きな変更があった。来年度もおそらく同様に開催されると思うので、引継ぎをお願いしたい。

・「伊賀地域高等学校再編活性化拡大協議会」が1/173/7にあった。これは県教委が行なっているもので、伊賀地域の高校を将来的には4校にするという方向で検討されるようだ。保護者の思いとして、できるだけ近い公立に行かせたい、という意見は言ってきた。この協議会とは別のものだが、青いチラシにあるとおり、この19日に「地域の高校を活性化させるために、今必要なこと」というシンポジウムが開催される。いずれ子どもたちは高校に進学するので、自分たちの問題として、ぜひ参加していただいて、活発に意見交換していただきたい。

1/30の男女共同参画推進フォーラムに多数ご参加いただき、ありがとうございました。大変盛況で、200名を超える参加があった。

名張市子ども権利委員会に行っている。このたび名張市長からの諮問を受けて、「就学前教育・保育施設の全市的な適正規模・適正配置」と「今後の幼児教育の内容と公立・市立の役割分担について」協議することになった。また、ご報告していきたい。

 

8.今年度をふり返って、申し送り事項

今年度、皆さんのご協力のもと、2つの大きな事業に取り組んだ。「防災体験・消防体験」は、先日の役員会でもこういった取り組みは継続して繰り返し行なった方がいいという意見があったが、今回の震災を見ていても、親子でこういった体験をすることは必要だと思う。また、「議会体験」も子どもたちのアンケートでは、「よかった、また参加したい」という意見が多かった。来年度以降も、学校の協力もいただきながら、継続していただけたらと思う。

 

9.単Pから

・「なくそう交通事故」について(別紙4)

名張小より…朝日新聞に「なくそう交通事故」という記事が月1回掲載されており、以前理事会で紹介させていただいたところ、比奈知小さんから情報をいただいて別紙4のように掲載された。この道路について、今年度の予算に組み込まれ改善されることになり、大変喜んでいただいた。来年度の役員さんにも伝えていただいて活用していただければ・・・

比奈知小より…ここは子どもの交通事故が2件あった場所で、記事にしていただけるという話を理事会で聞いてお願いした。これをもって市の方にお願いに行ったら、改善されることになり、ちょうど明日から着工される。また、この危険箇所について保護者でも何かできないかと検討して、旗当番を増やしてこの場所にも立っていただけることになった。

 

南中より…書き損じハガキの集め方について。印刷物を保護者に配っただけでは集まらないので、校長先生とも相談して、担任の先生から子どもたちに持ってくるように声をかけてもらったら、大変たくさん集まった。この書き損じハガキの回収は来年度以降も続くと思うので、ぜひ参考にしていただきたい。

 

10.その他

今回の震災に対して、救援物資、義援金などすでに取り組んでいるところもある。何か被災地の子どもたちのためにできることはないか、皆さんのご意見を伺いたい。

今すぐには、衣食住の必需品だと思うが、落ち着いてきたら、無くしたものを購入したいということで、その点では義援金が一番いいかとも思うが… このあとのグループ懇談の中でも話し合っていただきたい。

 

桔梗中より…会費値上げが前回提案され、今回の議題にないがこれは決定したのか?先送りになったのか?

 →前回多数の方に挙手をいただいて、承認していただいたと思っている。

役員だけで決めるのはおかしいと思い、学校で話し合った結果、うちは「反対」となった。前回はっきりと決を採っていないのではないか。

 →最後に司会が「値上げの方向でお願いします」と締めていたと思うが。

決定とはっきり聞いていたら、わざわざ学校で話し合う必要はなかった。

 →最後の念押しが足りなかったのかもしれないが、値上げということでお願いしたい。

うちは反対。全会一致ではないということを言っておく。

 

11.事務局から

  ・来年度、理事・代議員の報告をお願いします。

                          本日お持ちの方は、後でご提出ください。

  ・書き損じハガキを持って来てください。     

 

  ・県P広報紙コンクール応募について 

    一年間に発行されたすべての号を一冊に綴じ(表紙等はつけない)、3月23日(水)までに

    市P連事務局までご提出ください。

 単P宛の封筒に入っている「人権作品集」は、単Pにてご活用ください。また、419日の新旧理事会の案内も同封している。本日欠席の理事さんには、お渡しいただくか、無理な場合はこちらから発送する。

 

 

《懇談》

 中学校、小学校(ブロックごと)、幼稚園に分かれて懇談

A(箕曲小、錦生小、赤目小、百合小)、B(名張小、梅が丘小、比奈知小、滝之原小)、C(桔梗小、蔵持小、つつじ小、国津小)、D(すずらん小、美旗小、薦原小、桔梗東小、桔梗南小)

 

 懇談内容を発表

  幼稚園…先ほど話があった子ども権利委員会に幼稚園からも参加することになっている。少子化で小中学校だけでなく、幼稚園保育所も統廃合になるのかもしれない。また、今回初めて桔梗南幼稚園の会長さんと話したが、女性ばかりの役員の中での苦労話などをした。被災地支援は義援金がいいのではないか、ということだった。

  小学校Aブロック…この1年を総括した話をした。やはり募金をするのがいいということだった。今すぐ行動を起こすことはむずかしいが、するときは単P、P連、市が協力をして行なった方がいい。

  小学校Bブロック…名中ブロックでは、理事会とは別に会合を持って情報交換をやってきて、非常によかったと思っている。

  支援は義援金が一番いいが、被災地の子どもたちに使ってもらえるように要請する必要があるのではないか。また、どのくらい集まってどこへ送ったというちゃんとした報告も必要。

  小学校Cブロック…学級委員選出について情報交換した。やはりどこも苦労している。選出の基準を決めているところもいないところもあるが、基準はあった方がいいかもしれない、ということだった。支援については、やはりお金がいいだろうという意見が多かった。

  小学校Dブロック…緊急支援という点では物資、復興支援という点では義援金ということになるが、P連のような大きな組織で広く浅くみんなで協力するということであれば、やはり義援金がいいと思う。また、桜まつりに出店するということなので、そこで募金をしてはどうか。学級委員の選出に皆さん苦労されていると思うが、みんなはどんなことをするのかわからないので不安に思っている。「引き継ぎ書を書いて渡して、どんな仕事をするのか伝える」「前の学級委員さんからこのような仕事をして楽しかった、といった経験談を話してもらう」などをすることで、一定の効果を得た。基本的にPTAは研修だと、理解してもらうようにしている。

  中学校…少子化で子どもの数が減っているが、中学校の方が元の規模が大きいので減り方も大きくなる。単Pも財政難になるので、組織の改変等で対応している。また、不足している学校の備品(今年度は扇風機)をバザーの収益で購入したところもあった。被災地の支援については、やはり義援金がいいということだった。

 

 

 

※今後の予定  41日(金)来年度理事予定者会議(勤労者福祉会館)19:3047日(木)新旧役員会(いきいき)19:30419日(火)新旧理事会(市役所)19:30521日(土)定期総会(いきいき)14:00

 

「義援金」というご意見が多かったので、その方向で来年度の役員さんとも検討する。1年間ありがとうございました。