2013314日(木)1930

於:名張市武道交流館いきいき

 

名張市PTA連合会第5回理事会事項書(議事録)

 

1.あいさつ

  会長より

  今年度最後の理事会となりました。ここまで無事やってこられたのは皆さんのご協力のおかげです。ありがとうございました。5月の総会までは、今年度の仕事となっていますので、それまでご協力のほどお願いいたします。

  校長会より

  吉村会長のかわりにご挨拶申し上げます。理事会も5回目ということで、今年度のまとめの時期となり、みなさんホッとされていることとは思いますが、あとの議題にもありますが、日Pの大会がだんだん迫ってきています。いろいろと大変なこととは思いますが、私どもも協力しますので、がんばってください。

三教組名張支部より

 

〈報告事項〉

2.子ども議会体験について(別紙1)

 別紙のアンケートに書かれていないが、「ア.とても楽しかった イ.楽しかった ウ.ふつう エ.楽しくなかった」となっている。23日に議会体験の本番だったが、それまで3回の事前学習があり、子どもたちが一生懸命取り組んでくれ、本番もがんばってくれた。特に議長役の子が非常に落ち着いていて場を引き締めてくれた。参加者を募るにあたっては、会長さん、校長先生方にも大変お世話になり、ありがとうございました。

 

3.指名委員会より

 会長…伊集基之さん(名張中)、副会長…深山 勉さん(赤目中)、副会長…海野淳子さん(北中)

 

 伊集さんは、今年度副会長をしてくれています。海野さんは、今年度北中の会長で理事さんでした。深山さんは、2009年度の書記担当の副会長で、現在、日Pみえ大会第2分科会の役員もしてくれています。

 

3.日P大会について(別紙2)

 第2分科会の詳しい内容は、本日お配りしている「P連だより」に掲載している。別紙2には、分科会と全体会のスケジュールなどが書かれている。参加要請は名張市P連に146名。そのうちスタッフが予定では80名で第2分科会への参加が確定している。残りの66名は参加のみになるが、分科会の希望は他県が優先なので、状況によっては他の分科会への参加となるかもしれない。

 名張市P連への参加要請なので、実行委員会ではなくP連で各単Pへの割り当てをお願いすることになる。まだスタッフ数などが確定していないので、4月の新旧理事会でお願いしたい。なお、スタッフから小規模の国津小、滝之原小と幼稚園をはずしたいがどうか? →OK。また、幼稚園の方はできるだけ第2分科会に参加できるようにしたい。

 

5.HS委員会について(別紙3)

 今年度、高校の再編や活性化を考えるために急きょ設けた。急に開催するなどご迷惑をおかけしたが、皆さんの意見を聞いていろいろと決めることができた。本来なら最後にもう一度委員会を持つべきだが、大きな山は越えており、年度末ということもあり、この場で総括したい。

 まず、伊賀地域高校活性化協議会について、226日の協議会のまとめが別紙の通り県教委から出ている。(別紙3により説明。)来年度はこの協議会を二つに分ける。一つは新高校について、校名、カリキュラム、制服など、専門に協議する。もう一つは伊賀地域全体の高校のあり方を考えていく協議会。中等教育学校、特別支援について、定時制高校の活性化などがテーマとなる。したがって、今年ほどではないが、皆さんのご意見を聞く場が必要と思われるので、来年度も引き続きHS委員会を開催したい。

 なお、先日の協議会ではまだ決まっていなかった新高校の設置場所について、本日県教育委員会の定例会があり、名張西高の建物を使うと報告された。これについては、319日の県議会・教育警察常任委員会で報告される。

 

6.各種委員から今年度の報告(別紙4)

 「別紙4」とは書かれていないが、2枚綴りの資料。1年間のP連の活動、県P連の会議、宛職関係の会議などをまとめた。数えたら年間140日ほど出ていた。来年にかかわってくるもののみ、報告する。

青少年補導センターは、「P連だより」の裏面の「補導センターだより」で活動が紹介されているが、元校長先生がかかわってくれている。そのキャリアを生かすために、来年度はもっと学校に入っていって、関わりを持とうとしてくれている。現在は桜が丘にあったが、4月からは百合が丘の名張市子どもセンターに移転する。

特別支援連携協議会では、来年度からパーソナルカルテの運用が始まると報告を受けた。これは途切れのない支援をするためのもので、小学校から中学校へは同じ市教委の管轄なのでスムーズに連携できるが、高校へ持って行くのは個人情報でもありむずかしいので、保護者に渡して高校へ提出してもらうようだ。

「教育の明日を語る会」は、今年度初めて日曜日に開催したが好評だったので来年度も日曜開催とし、日程も84日午後からと決まっている。講師は、助産師の内田美智子さん。大変いいお話が聞けるそうなので、来年もご協力をお願いします。

 

〈協議事項〉

7.桜まつりについて

   総合体育館にて子ども対象のゲーム、市P連の活動紹介、日Pみえ大会のPR

    413日(土)(雨天順延)

    午前7時集合、イベントは午前10時〜午後4時まで、午後4時から片付け

  P連は、昨年同様、体育館で子ども向けのミニゲームをする。他に市内中学校、高校の吹奏楽の演奏や近大高専などが参加するとのこと。当日お手伝いできる方は、終了後残ってください。また、ぜひお子さんを連れて桜まつりにお越しください。

 

   ※短冊購入のご協力をお願いします(別紙チラシ)

  (ピンクのチラシ)毎年短冊の販売に協力している。あとで回りますので、ご協力をお願いします。

 

8.会計中間報告(別紙5)

 本日現在の中間報告だが、人件費や積立金など金額の決まっているものは年度末までのものを入れている。大きな備品は、パソコンのバックアップ用に外付けハードディスクを1万ほどで購入した。桜まつりの売り上げは事業収入に入れ、費用は事業費になる。今後支出が予想されるのは、下にあるように12万ほど。

 

9.今年度をふり返って、申し送り事項

 日Pの取り組みとして「心のきずな61キャンペーン」をした。皆さんご協力ありがとうございました。来年度以降も取り組むと思うので、よろしくお願いします。

 「親子クッキング」は申込み多数で親子がふれあえて大変好評であった。近鉄ガスさんの全面協力も受けられるので、来年も続けてもらえたら…。「こどもなんでも体験団」でするという選択もある。

 子ども議会体験は、参加した子どもにはいいが、参加者を集めるのが非常に大変。名張市の子ども条例で、年1回は必ず子ども議会をしなければならないが、名張市では「ばりっ子会議」という形でやっている。今年度もMIK運動推進委員会が委託事業としてやったが、それに協力するという形にしてもいいのかもしれない。

 空調設備について今年度も要望したが駄目だった。来年度はまた検討していただきたい。

 通学路の安全について、前回の理事会でも報告したような現状。市教委では進捗状況を半年に一度確認するということなので、P連から学務管理室へ確認してほしい。

 今年度から、議事録などをメールで学校に送らせてもらっている。来年も引き続き活用したい。また、「まちコミメール」も連絡方法として今年度から加入したが、来年度はこれを一般会員にも広げて講演会情報などを配信してはどうか?検討してほしい。

 「レインボー名張っ子」の編集と印刷のお手伝いをしたが、かなり大変なので、来年もお手伝いをしていただくよう、申し送りをお願いしたい。

 

10.単Pから

 特になし。

 

11.その他

 役員会で出た2点の疑問について市教委に確認した。

 ○学校給食での、アレルギーのある子への対応はどうなっているのか?→事故後、注意喚起の通達を学校へ発送した。保護者との連絡は取り合っているが、アナフィラキシーの可能性のある児童については更に密に連絡を取るようにした。春休み中に、給食調理員を対象とした、アレルギーの研修会を予定している。

 ○体罰のアンケートについて→国からの調査で、小中高生に体罰に関するアンケートを行った。3月初旬現在、各学校から回収し、聞き取りなど精査している。3月中旬に県教委へ報告し、文科省へは4月末までに報告となっている。結果について公表はされるが、県と文科省、他の市町の動向を見ながら、子どもが特定されないような配慮も必要。現在、市教委では、大きな問題にはなっていないと認識しているようだ。

 

Q.中学校給食の要望を一般の保護者からも聞く。P連として要望したことはあるのか?→ずっと以前に給食に関する検討委員会が設けられていたときは、P連からも参加していたと聞いている。要望として出したことはないのではないか。中学校給食についても検討されたが、注文弁当を導入することになったと思う。→食育の面でも給食の良さがあると思う。P連でも議論していただきたい。→次年度に申し送り。

 

12.事務局から

 

  ・県P広報紙コンクール応募について 

    一年間に発行されたすべての号を一冊に綴じ(表紙等はつけない)、3月22日(金)までに

    市P連事務局までご提出ください。

 

 理事・代議員の報告がまだのところは至急提出をお願いします。書き損じハガキ、広報紙を本日お持ちの方は、あとでお渡しください。

 

《懇談》

 中学校、小学校(ブロックごと)、幼稚園に分かれて懇談

A(箕曲小、錦生小、赤目小、百合小)、B(名張小、梅が丘小、比奈知小、滝之原小)、C(桔梗小、蔵持小、つつじ小、国津小)、D(すずらん小、美旗小、薦原小、桔梗東小、桔梗南小)

 

中学校…給食について、アレルギーも増えており、食材にも不安があるので、進めることに不安があるとの意見があった。昼食の時間が短い、注文弁当が高い、学食を作ったらどうかなどの意見も出た。→中学校の昼食時間が短いことが、給食が導入できなかった原因の一つと聞いたことがある。

 

小学校Dブロック…日P大会のことをいろいろ聞いた。体罰や虐待のことも話題になった。今回のアンケートはアバウトすぎるので回答に困った。もし今後採るなら、体罰の線引きをしてほしい。実はあるが、それを言ったことで子どもに何かあるのではと思ってかけない人もいる。個人がわからないように、○×で回答するなど工夫してほしい。→市教委が行なったアンケートではないので、今度県P連の評議員会で言ってみる。部活動での体罰が問題になっているが、日本バレーボール協会は指導者に倫理ガイドラインを徹底させ、誓約書を出させることになった。その辺も参考になるのではないか?

 

小学校Cブロック…出席者が少なかったので、他のブロックに参加。

 

小学校Bブロック…PTA活動に非協力的な家庭への対処などを話した。根気よくお話するしかない。→単Pの封筒の中に「PTAって」というリーフレットが入っている。わかりやすく書かれているので、活用してほしい。また、以前参加した東海北陸ブロックPTA大会で、福井大の教授が「PTAは子どもを通して親が成長する場」と言っていて、印象に残っている。避けて通れない問題なので、次年度も引き続き、検討したい。

 

小学校Aブロック…錦生小と赤目小の対等の統合の話を聞いた。今後の統廃合のモデルケースとなるのではないか。

 

幼稚園…参加1園のみ。

 

Q.「心のきずな61キャンペーン」はどのように取り組まれたか?→・参観の前後に本部役員が募金箱を持って募金をお願いした。・PTAの予備費から5千円送った。・チラシを配布した時8千円ほど集まった。・個人懇談のときに持ってきてもらった。など。→昨年度、紀南地方の台風の被害に対して、P連の予算から2万円の義援金を送った。今年も「心のきずな〜」に同額を募金してもいいか?→異議なし。

 

 

※今後の予定  4月1日(月)来年度理事予定者会議(勤労者福祉会館)、48日(月)新旧役員会(いきいき)、

423日(火)新旧理事会(市役所)、以上1930

518日(土)定期総会(いきいき)1000

 

 上記予定で、今年度の理事の方に来ていただくのは、4/23の新旧理事会と5/18の総会。よろしくお願いします。