2013129()1930

於:名張市役所大会議室

 

名張市PTA連合会第3回理事会事項書(議事録)

1.あいさつ

  会長より

   お疲れのところ、ありがとうございます。急に寒くなり、体調を崩されている方もいるようですので、くれぐれも気をつけてください。1125日、日Pみえ大会第2分科会の解散総会があり、皆さんのご協力で無事終えることができました。また、1130日、121日に開催されました「圏際、食彩、文化祭〜ご当地グルメでまちおこし〜」のボランティアにご協力いただいた皆さん、ありがとうございました。「B1グランプリ」の出展団体から、名張のボランティアはすばらしいと感動のメールがたくさん届いているようです。

   本日もよろしくお願いします。

  校長会より

   前回は暑い中での会議でしたが、今回は早いものでもう霜が降りています。先日解散総会があった第2分科会は、たいへんいい大会でした。わたしども小中学校校長会も、10月に伊勢市で全国大会を開催し、「新たな知を拓き、人間性豊かな社会を築く、日本人の育成を目指す小学校教育の推進」を三重県から全国に発信し、皆さんと同様いい大会とすることができました。

   これから教育の現場でもいろいろな変化があると思います。道徳を教科とすること、土曜授業、小学校でも英語の授業を取り入れるなど大きく変わっていきます。このあとの議題でも取り上げられていますが、皆さんとともに考えていきたいと思っています。

三教組名張支部より

   「教育予算の充実を求める」団体署名へのご協力、ありがとうございました。毎年開催していますが、来年125()、「第27回名張教育文化講座」を開催します。アドバンスコープADSホールにて、映画「ロラックスおじさんの秘密の種」を午前と午後の2回上映します。1月になりましたら案内をお送りしますので、ぜひご参加ください。

 

≪報告事項≫

2. おやこクッキングについて(別紙アンケート結果)

 114(月・祝)、名張公民館にて開催。午前の部、親子1215名、午後の部親子1112名の参加。昨年より定員を増やしたが、申込み初日の10時までにすべて埋まってしまった。 

 名張近鉄ガスの専任講師の秦佐知子先生のたいへんわかりやすい説明と、親子で作るのにぴったりのメニューなど、大変よかった。参加者にもたいへん好評で、ぜひ来年もと思っている。ただ、今回「子どもなんでも体☆験☆団」の事業でやったので、申込受付が教育委員会の文化生涯学習室となり、電話対応に追われ、業務にも支障をきたしたようなので、募集方法は考え直さないといけないかもしれない。

 

3.市教委との懇談について(別紙要旨)

 116()市役所会議室にて開催。

 ・通学路の危険箇所について。昨年出された危険箇所の進捗状況は別表参照。今回新たにお願いしたところは、現場を調査の上、対策を検討する。以前から要望しているが昨年の調査からはずれていた「比奈知郵便局付近」については、「対策が非常に困難な場所で今のところ解決策はないが、警察で対策を考えてもらっているとのこと。

  →比奈知郵便局付近については、一生懸命伝えたが力が及ばなかった。

 ・耐震化工事は当初H29年度に完了する予定であったが、国の補助金がH27年までとなったので、計画を前倒ししてH27年度までに耐震化のみ行う。老朽化に対する大規模改修はその後順次行い、要望のあった洋式トイレについてもその際に設置していく。 →優先順位を決めてそれにしたがって改修するとのこと。空調も引き続き、要望するようだ。また、中学校給食の件も聞いたが、こちらもまずは耐震化を優先するが、検討はしていくとのことだった。

 ・小中学校の規模・配置の適正化の後期計画については、H26年度に児童生徒数の推移を見直してから立てるとのこと。また、廃校になった3校の跡地利用については、地域とも相談しながら来年度中に決めるようだ。 →放置されたり荒れていくことの無いようにお願いした。

 ・発達障害の子どもが通常学級に在籍しながら、通級できる特別支援学級の増設をお願いしたが、発達支援センターを利用してほしいとのことだった。 →この通級学級は名張小と百合が丘小にあり、発達支援の必要な子が通常学級に在籍しながら、保護者と相談してときどき通い指導してもらうもの。自分の子どもも利用して大変効果があった。もっと増やしてほしいとお願いしたが、そのために発達支援センターを作ったので、そちらを利用してほしいということだった。

 

 比奈知小…比奈知郵便局付近の横断歩道のところが交通量が多く、保護者が毎日立っている。今校長先生と話しているのは、信号機が設置できる場所まで通学路を迂回させる方向で進めている。そのために地元の方のご協力をお願いしているところ。

 国津小…発達障害の通級学級については引き続き要望してほしい。発達支援センターを使うのは「分離教育」。できればみんなと同じ環境で教育を受けさせたい。県教委にも訴えてほしい。 →明日、「特別支援連携協議会」があるので、再度要望したい。

 

4.伊賀地域高校活性化協議会について(別紙1)

 1113()伊賀県庁舎にて開催。

 伊賀地域全体の学科のあり方と特別支援について協議された。議題にはなかったが、HS委員会で出た、桔梗が丘高校の部活動や学習面での支援を訴えたが、次回に検討となった。

 次回協議会までに新たな議題が出れば、HS委員会を開催して、皆さんの意見を聴いてから臨む。

 今年度協議する4つのテーマのうちの2つについて協議した。会議終了後、桔高の生徒のフォローをお願いした。きちっとした回答は得られなかったが、努力します、とは言ってもらった。新しい高校については、現在ワーキング会議にて検討中とのことだが、できるだけ早く内容を知らせてもらい、私たちの意見も入れてもらえるように言っていきたい。

 

5.指名委員会について

  1018() 第1回指名委員会

   指名委員長…青山浩久さん(比奈知小) 副委員長…安藤美穂さん(百合が丘小)

 

  1220()1930〜 いきいきにて、第2回指名委員会(拡大版)を開催予定。

  来年度の会長は、桔中・南中ブロックから選出することになっているので、拡大版として、桔中・南中ブロックの理事さんにも参加してもらい、選出していく。

 

6.県P連より

 「心の絆61キャンペーン」で集まった義援金は、震災の遺児孤児への就学支援として今年度に一括して支払うことになったと前回お伝えしたが、他県に引っ越している遺児孤児も対象となるため、各都道府県の教育委員会を通じて調べて、三重県では対象者がいなかったということだった。

 

≪協議事項≫

7.土曜授業について(別紙2)

 文科省が土曜授業実施をバックアップする方針。三重県教育委員会は、来年度から土曜授業の実施の協力を市町の教育委員会に要請している。月1〜2回の土曜授業を4月から試行、9月から本格実施の意向。 →名張市教育委員会は、検討委員会を立ち上げ、各団体の意見を聴いていく方針。名張市PTA連合会としての意見は・・・

 三重県では、土曜授業の来年度からの導入を現在検討している。資料は県教委の素案だが、これを元に教育長、市教委の担当者、校長会、三教組の先生方と懇談を持った。土曜授業を始めるにあたっては様々な問題もあり、関係団体の意見も聴くために検討委員会を立ち上げることになった。これに参加するにあたって、理事の皆さんのご意見を伺いたい。

 

赤中ブロック…いきなり4月から始めるのは子どもにとって負担になるのでは?今まで休みだったのに、国算理社の授業はきつい。1限目は通常授業で2限目以降は体験学習にするとか…。中学校は通常の授業でもいいのではという意見もあった。

名中ブロック…自分たちのころは土曜日も授業はあったし、結論は賛成となった。ただ小学校12年は授業ではなく、34年からだんだん慣らしていくといい。その他意見として、学力低下は保護者の責任でもある、両親が土日働いている家庭では、土曜日もあった方がメリハリがついていい、小中学校が土曜授業をするのなら、幼稚園も同様にやってほしい、などがあった。

桔中南中ブロック…なんでそんなに急ぐのか?今塾へ行ったりスポーツをやっている子はどうするのか?2年後ぐらいならその調整もできるのではないかという意見もあった。また、学校の自主性にまかせてもいいのではないか、どうでもいいような授業にあえて出る必要はあるのか、もう少し話をもんでから議題に出してほしい、などであった。

北中ブロック…なぜこんなに急に進んでいるのか?塾やスポーツクラブが予定に入っている子は調整できない。学力を上げるためというが、先生たちも忙しくされている。先生の余分な仕事を減らして、もっと授業に集中できるようにする必要がある。土曜授業の目的が学力向上なら、それを見失わないようにしてほしい。 →すずらん台小…子どもたちの週末支援事業として、地域の方が中心となり、月1度スポーツや科学の実験などをしている。お金が必要ということで寄付を募ってやっている。発足の趣旨が、土曜日が休みになった子どもたちへの支援なので、土曜授業が復活となれば解散となると思うが、地域との調整にも時間がかかるし、寄付金の取り扱いもかかわってくる。

 

校長会…9月と11月にこれについて話し合った。もともと学校5日制は、保護者は保護者で地域は地域で、もっと子どもたちとかかわっていこうという趣旨だった。今回文科省はそれも大事にしないといけないと言っていて、矛盾している。地域や保護者にも説明して様々な調整をするには、最低1年ぐらいは必要。どうしてもH26年度からするのであれば、負担にならないようなやり方で…といった意見が出されている。国や県は土曜授業を進めると言っているが、小中学校は市町が設置者なので、決めるのは市町。ただ、始まるときに名張市は何も考えていないということはいけないので、検討はしないといけない。また、教職員の労働時間が過重になる。夏休みに振り替えをというがなかなか取れない。そういったことも条件整備として検討しなければならない。また、子どもたちの負担にならないように考えなければならない。

三教組…土曜授業をなんのためにするのかがわからない。六者懇のときに知事はぜひやりたいと言っていたが、小中学校は市町が設置者なので、名張市がなんのためにするのかはっきりしないといけない。プラスになるものがあると皆が納得できればいいが、4月までにそれができるか?知事は学力向上のためというが、果たして効果があるのか、あるいは学力が上がることがいいことなのか疑問である。皆の合意を得た上で進める必要がある。

 

会長…いろいろな意見があり一つにまとめることはできない。今皆さんから出された意見を、市教委に伝えていきたい。

 

すずらん台小…週末支援事業を地域にお願いしても、なかなか成果は出ていない。土曜授業はやっぱりやらないからとまた地域に振られてくると地域も大変。それであれば土曜授業をしてもらった方がいい。

 

8.名張市保育所保護者会連絡協議会との連携について

 同じ、子どもを対象としているので、保育所の保護者会連絡協議会との連携ができるのでは?私立幼稚園などとの交流は可能か?

市P連と保育所保護者会連絡協議会の両方を経験した方から、交流したり事業を一緒にしたりできないかという提案をしていただいた。特に幼稚園の方の意見を聴きたい。

名張幼稚園…子ども子育て評議会に保育所の方とも一緒に参加している。認定こども園の話も出ており、いろんな方の意見を聴くことはいいことだと思う。 →両方の団体の代表で一度話し合いたいと思う。

・市P連に参加していて幼稚園は蚊帳の外と感じる。SCやHS委員会も幼稚園が参加しないのは納得できないという人もいる。

・こういう交流の場があればいいし、私立幼稚園も一緒にできればいい。

・連携は何かしらできるのではないか?

 

9.進学フェスタについて(別紙3およびアンケート)

 「進路フェア」の形態は、県教委が主催する「高校紹介ひろば」(津の会場で開催し、同日にサテライト会場で開催)と、郡市PTA連合会が主催する「進学フェスタ」等と称し、独自に開催している。今回県教委から開催に関するアンケートが来ており、皆さんにもご意見を聴くことにした。

 「進路フェア」というものがあり、これはいろんな高校の紹介を一度にやってしまおうというもの。保護者と子どもが一緒に参加でき、中3生以外にも参加できる。主な形態は別紙のように2つあり、県教委がするものと、市P連等が主催するものがある。県教委がするものは、各高校についてはパンフレットのみで、市P連などが主催する場合は、各高校のブースを設けて個別に質問ができたりするようだ。今年、伊賀市P連が主催する「進学フェスタ」を見学させてもらった。昨年の参加者は220名、今年は400名を超える参加者があったようだ。伊賀地域の県立高校の先生方も来ていて、皆さん熱心に話を聴いていた。今回県教委から別紙のようなアンケートが来たので、名張市でもやるかどうか、皆さんの意見を聴きたい。

 

赤中ブロック…こんなのがあるということを知らなかった。意見は賛否いろいろ出た。

名中ブロック…オープンキャンパスとの違いがわからない。 →全部の高校のオープンキャンパスを回るのは大変なので、効率はいいと思うが…。名張市P連では、必要のあるなしを検討してからやりたいと思っている。

桔中南中ブロック…高校の先生が中学校に来て説明してくれるので必要ない。伊賀は名張に出てくるが、名張は他地域に行きやすいので、津や奈良方面の高校がないと無意味。

北中ブロック…中学校に来てくれるので必要ないのでは?オープンキャンパスもその日に行けなかったら別の日を設定してくれるのであえて必要ない。

 →学校での説明会より、個別の質問がしやすいと思ったが、必要ないという意見が多いようだ。 →アンケートは記入して出してください。(今日出せない人は1220日までにFAXで送ってください)

 

10.単Pから

 特になし。

 

11.事務局から

 〈配布物〉 ・三重県幼・小・中PTA広報紙コンクール  締切 H26320()までに、1年分を綴じて名張市PTA連合会事務局まで提出してください。

        ・日本PTA研修事業 中学2年生対象 締切 1213() ←中学校のみに渡している。

       ・教育フォーラムin Nabari 2013 1221()9001500 名張市教育センター

       今回は子どもの体験学習など盛りだくさん。教育センターにまだ行かれたことの無い人もぜひ行って、名張の教育について知ってください。

 〈参加要請〉・名張市男女共同参画推進フォーラム2013 H26126()1330〜 名張市武道交流館いきいき

         雨宮処凛さんのトークセッションなど   各PTAより1名以上の参加をお願いします

 

「レインボー名張っ子」

    H26/3/3()1100〜印刷  3/4 1000〜編集会議  市役所 3F

     No.57 テーマ「市政60周年特集()」  

 

12.その他

 木委員長…2分科会の解散総会にご協力ありがとうございました。全体会の記念講演と演奏をしていただいたバイオリニストの川井郁子さんが、伊勢市でリサイタルをする。日Pみえ大会のご縁でPTA会員は割引料金で参加できる。38()18時開演、伊勢市観光文化会館。S席5000円を4000円にしてくれ、順番だがいい席を確保してもらえるようだ。また通常はない子ども料金の設定もある。ご希望の方は1220日までに市P連事務局にご連絡を。

 

・先日関西医科大学の市民公開講座に参加した。発達障害がテーマだった。基調講演講師の石崎先生は、大人になった時にどうやって社会に出るのかが大事。社会の受け皿がほしい。名張市には立派な発達支援センターができたので、もっと活用してほしいとのことだった。市立病院の小林先生は、保護者の会をぜひ作ってほしいと言われていた。私の子どもも発達障害があるが、ぜひP連の後押しをいただいて、そういう保護者の会を作りたい。また、パネルディスカッションも尻すぼみだったので、もっとこういう研修や講演会などの機会があればいいと思った。

 

《ブロックに分かれて懇談》

 ※ブロック・・・A(赤目中、箕曲小、錦生小、赤目小、百合小)、B(名張中、名張小、梅が丘小、比奈知小、滝之原小、名張幼稚園)、C(桔梗が丘中、南中、桔梗小、蔵持小、つつじ小、国津小)、D(北中、すずらん小、美旗小、薦原小、桔梗東小、桔梗南小、桔梗南幼稚園)

赤中ブロック…赤目小錦生小の統合はスムーズに進んでいるとのこと。

他のブロックは特になし。

 

次回理事会(    )月(    )日(    )19:30〜  準備:Cブロック(桔中南中ブロック)