2013613日(木)1930

於:名張市役所大会議室

 

名張市PTA連合会第1回理事会 事項書(議事録)

1.あいさつ

   会長より

    ご家庭の用事、お仕事でお疲れのところ、ありがとうございます。日Pみえ大会のスタッフ・参加者の名簿もご提出いただき、ありがとうございました。大会は8月の暑いときですが、皆さんのご協力をお願いします。また、今年は6つの小学校の統廃合が進んでいて、各学校のPTAの皆さんにはご苦労があると思います。何ができるかわかりませんが、少しでも力になれたらと思っています。P連は、各学校や幼稚園で頑張っていただいている皆さんを応援したいと思っています。どうかよろしくお願いいたします。

三重県教職員組合(三教組)名張支部より

    いつも子どもたちのために、ご理解とご協力をいただきありがとうございます。そのひとつとして、8月4日に「教育の明日を語る会」を開催します。A分科会では、「お母さんは命がけであなたを生みました」という著書がある、九州の助産師、内田美智子さんが命の大切さを語ってくださいます。B分科会では、NPO法人 女性子ども支援センター代表理事 正井礼子さんに、女性の視点からの防災についてお話いただく予定です。

例年、いろんなことを語り合えてよかったという声をいただいていますので、ぜひ参加を呼び掛けてください。

2.今年度の取り組みについて 〔協議事項〕

○おやこクッキングについて(別紙1)

  ・昨年好評だったので、今年は少し拡大して秋ごろ実施したい。

  昨年度初めて取り組んだ。名張近鉄ガスさんのご協力で、材料費のみで料理教室をやってもらえる。昨年は申し込みが多かったので、少し定員を拡大したい。三重こどもわかもの育成財団の助成金がもらえれば、と思っているが、まだどうなるかはわからない。

 

 ○子ども議会体験について

  ・実施を見送りたい。「ばりっ子会議」にできるだけ協力したい。(別紙チラシ)

  過去3年間実施してきた。参加した子どもたちには好評で、貴重な体験となっているが、事前会議3回と本番の計4回ともの参加がなかなかできなくて、応募も大変少ない状況。今年度は開催を見送りたい。市の公益事業で、MIK運動推進委員会がやっている「ばりっ子会議」は、行政に対して提案ができるので、ぜひこちらにご参加を。

  (締切…6月14日を17日()までに延長)

 ○その他

  ・各種団体の講演会等への参加

  役員にならないとなかなか参加できない。参加してみるといいお話も多く有益である。役得だと思って積極的に参加してほしい。

 

3.日本PTAみえ大会第2分科会実行委員会より〔報告事項〕

  スタッフ、参加者の名簿を提出していただき、ありがとうございました。2次案内(緑の冊子)は、参加される方、スタッフの方にお渡しください。冊子の裏面に申込方法などがあるが、申し込みは事務局でする。分科会はどこに行くか決まっていないが、わかり次第連絡する。他の分科会へ行ってもお弁当は出る。8月上旬を目途にスタッフ会議を持ちたいと思っている。その時に、参加証、Tシャツをお渡しできると思う。

 (受付部長 村山さんより)参加証が届いたら、分科会に必ず持ってきて受付で渡し、資料を受け取る。24日も同じ人が行く場合はいいが、違う人が行く場合は、必ずその人に参加証を渡してほしい。

 

《ブロックで協議・質疑応答》

  Aブロック…Q.日Pみえ大会の参加証は必ず必要か? →2日とも一人の人が参加するのが前提なので、別々に発行することができない。全体会に違う人が行ってもいいが、分科会に参加した人の名前の参加証を引きついで持って行ってもらわないといけない。

       Q.Tシャツのサイズの変更はできるか? →問い合わせてみる。

 Bブロック…Q.参加証だが、分科会と全体会に行く人が全く違う場合、預かってもらうことはできないか? →当日は混乱しているかもしれないので、学校単位でならまとめて預かることはできるかもしれない。

       Q.分科会当日、スタッフ、参加者の駐車場は確保されているのか? →全国からどのくらい車で来るかがわからないので、できるだけ乗り合わせてきていただきたい。スタッフ駐車場は別の場所に設ける。また連絡するので、スタッフはそちらに駐車してほしい。

       Q.全体会の日、バスを申し込んでいるが、当日急に行けなくなった場合はどうしたらいいか? →日Pのスタッフ、参加者にもまちcomiメールの登録をお願いしようと思っている。緊急時等の対応もそれで行いたい。

 

 

4.SC(School)委員会(小中校区再編情報交換)〔報告事項〕

  小中の校区再編については、これまで専門委員会を設けて話し合ってきた。統廃合については、反対・賛成の意見がある中で、P連としては中立の立場をとってきたが、明らかに子どもたちの不利益になる場合は対処する。

 (新聞記事参照)

  ・市教委は6月議会への上程をあきらめたわけではなく、

6月議会に出せるものなら出したいとの考え。

  (別紙1の裏面)12日、市議会の教育民生委員会を傍聴してきた。市教委は6月議会で統廃合に関する議案を上程したいようだが、議員さんには賛否の意見がある。対象校のある先生に聞いたところ、行政ではいろいろと問題があるかもしれないが、学校現場では統廃合に向けた取り組みを粛々と進めていく、とのことだった。詳しくは、第1回のSC委員会でお話したい。

  ・7月8日(月)1930〜 防災センターにて 第1回SC委員会

 

5.HS(High School)委員会(高校再編活性化)について〔報告事項〕

  公立高校の統廃合については、伊賀地域高校活性化協議会があり、それに参加している。その協議などをもとに昨年度県教委が出した結論は、桔梗が丘高校と西高校をH28年に統合して新しい高校を西高の校舎を利用して設置する。第1回の会合が7月ごろに予定されており、必要があればHS委員会を持ちたい。

・市P連として協議の必要があれば開催する。時期は未定。

 

  補足説明…昨年5月、県教委からH27年に統合という時期だけが示された。あまりに唐突だったので反対し、H27年の統合はなくなった。時期や学校像など検討するためにHS委員会を設置した。新高校の学校像は、単位制で学生の多様なニーズに応える、国公立を目指すクラスを1クラス作る、英語教育や情報教育の充実などが挙げられ、統合時期についてはH28年と出された。名張市P連は、伊賀市P連とともに、H28年統合の要望書を県教委に提出した。これは、統合が遅れ1学年4クラスになると先生の数も減り、選択科目が減ったり部活動も減るなど、子どもたちが不利になると判断した。今後は、カリキュラムや学校名、校章、制服など検討しH26年中には決定するのではないか。また、伊賀地域全体の公立高校のあり方も検討していくと聞いている。これは子どもがもっと減るH31年に4校にするのか、特別支援の問題、普通科率が低い問題、定時制のあり方や通信制などについて、検討していくと思われる。

 Q.統合した後の在校生はそのままその高校に残るのか? →H28年度は桔高は2〜3年生のみ、西高には2〜3年生と新高校の1年生がいることになる。 

 

6.中学校給食について(別紙2)〔協議事項〕

  去年の最後の理事会で、中学校の給食はどうなっているのか、という意見があり今年度に引き継いだ。

  ・昨年度の市教委との懇談と10年前のアンケート結果

  ・昨年度、北中で出た意見

  ・現在の市教委の見解…中学校給食の必要性は認識しており、重点課題として

検討していくが、財政上現在は耐震工事を優先している。

  役員会で検討し、再度アンケートを採ってはどうかという意見が出たので、校長会の先生に相談に行った。アンケートが必要なのなら協力はするが、給食の導入はすぐには難しいのではないかということだった。市教委に確認に行くと、中学校給食の必要性は認識しており、重点課題として検討していくが、財政上現在は耐震工事を優先しているとのことだった。

 

《ブロックで協議・質疑応答》

  Cブロック…Q.高校で3年生だけになったとき、部活動は一緒にやらせてもらえるのか? →合同チームを作ると県教委は言っている。新入生が入ってこない学校の生徒が勉強や部活動で不利にならないような対策を要望していくが、実際問題は、事情がよくわかっている西高と桔高の先生や保護者が中心となって対策を考えるのがいいのではないかと思う。

  中学校の昼食時間が短い。お弁当を残したり量を減らしたりしているとも聞くので、給食、弁当にかかわらず、昼食時間を増やした方がいいのではないか? →秋に予定されている市教委との懇談会で訴えていきたい。

  Aブロック…アンケートは採った方がいい。前回が10年前で時間が経ちすぎている。 →今アンケートを採ってもすぐには動けない。給食を検討することになってからのデータがいいのではないか。

 

 中学校給食は必要か、今後も言い続けていくか? →賛成多数。前向きに検討し続けていく。

 

7.「P連だより」について

   年3回発行(7月、12月、3月)

   第1号について

    ・会長インタビュー  ・役員からひとこと  ・日Pみえ大会情報 など

 

 

8.「レインボー名張っ子」について

  5/8  No54編集会議     1面…名張市子どもセンター紹介 2面…イベント情報

  7/4 1100〜市役所印刷室 No.54印刷

  7/5 1000〜市役所304会議室  No.55 編集会議、No.54 発行・配布

 

※今後の予定…No. 5510/1発行)、No. 5612/6発行)、No. 573/4発行)

 

9.まちCOMIメールについて(別紙)

  昨年度からP連でも導入。会議等の案内や緊急時の連絡、不審者情報などを配信する。理事会と所属している委員会のそれぞれの登録をお願いしたい。迷惑メール対策をされている方は、まちcomiメールのドメインを受信指定してから登録願います。

 

10. 関連施設の紹介

  ・子ども相談室…配っているカードは、6月中に子どもたちに配られる。ふれあいの中に子ども相談室があり、2名の相談員がいる。昨年度は62件のべ304人の相談があった。相談室でなくても、公園や公民館などでも相談を聴いてくれる。また、学校の人権講演の講師として呼ばれることもあるそうなので、各学校のPTAでも人権の取り組みをされると思うので、利用してはどうか。

 

  ・発達支援センター…新しくできた名張市子どもセンターの中にある。先日見学に行った際に、保護者啓発の取り組みをしたい、とのことだったので、要請があれば協力していきたい。

 

11.事務局から

 ・会費の納入を628日までにお願いいたします。

 ・会長等研修会 6/22()13:3016:00 三重県男女共同参画センター(案内配布済み)

    「PTA活動とは?PTA会長は何をすればいいのか?」詳細を学校宛にメールで送っているので参考に。

・東員町子どもと教育を考える集い 7/13()13301600 東員町文化センター ひばりホール

   講演会「子育ての1ページに“弁当の日”を」講師 竹下 和男氏(チラシ配布済み)本日締切。

 ・みえ子どもの未来を語る会 7/13()13301600 三重県人権センター  参加要請…2名 

   講演「子どもたちが自分のことも家族や友達のことも大好きになるように」 講師 岩堀 美雪氏

 ・名張市子ども条例啓発講演会 8/18()1400〜 名張市武道交流館いきいき

   講演「いま子どもたちの生きるかたちー巣立ちの難しいこの時代の中でー」 講師 浜田 寿美男氏

   

  6/5に子育て講演会に参加してきた。感想…子どものいろいろな発達特徴について、講演を聴いてきた。お話がすごく分かりやすく、多動の子は動き回りたいのではなく、いろんなものが視野に入ってきて、それにむかっていくので、多動に見えるという内容もあった。また、言葉のイメージを大切にしておられて、「発達障害」ではなく「発達特徴」という言い方をされて、マイナスイメージを持たないようにされていた。

 

  ※単Pの総会要項を1部、事務局までお願いします(7/8のSC委員会か次回理事会にご持参ください)

 

12.その他

  新旧理事会のときに、日Pみえ大会の分科会参加者については、県外の参加者の希望が優先となるので、他の分科会に言っていただく可能性があるとお話した。結果は7月後半にならないとわからないが、それまでもう理事会がないので、今日他の分科会へ行く順番をくじ引きしたい。 →くじ引き。

 

  お渡しした「プール開放についてのアンケート」は昨年P連で採ったもの。今プール開放を検討される時期だと思うので、ぜひ参考にしてください。

 

《ブロックで懇談・質疑応答》

 

 ※ブロック・・・A(赤目中、箕曲小、錦生小、赤目小、百合小)

B(名張中、名張小、梅が丘小、比奈知小、滝之原小、名張幼稚園)

C(桔梗が丘中、南中、桔梗小、蔵持小、つつじ小、国津小)

D(北中、すずらん小、美旗小、薦原小、桔梗東小、桔梗南小、桔梗南幼稚園)

 

 

 

次回理事会(  )月(    )日(    )19:30〜  準備:Aブロック(赤中ブロック)