2014625日(水)1930

於:名張市役所大会議室

 

名張市PTA連合会第1回理事会 議事録

 

※人権センターより、「講演ライブ〜元不登校バンド JERRYBEANSの告白〜」のご案内

 人権センター手塚先生より…先日の総会でもご案内しましたが、地図を加えた案内を再度お渡ししますので、ぜひご参加をお願いします。

 

※名張市総合窓口センターより、消費者教育について(別紙資料)

 市役所総合窓口センター、山田さんより…昨年度「名張市消費生活者被害防止ネットワークプロジェクト」を立ち上げ、啓発に取り組んだ。昨年度県内の振り込め詐欺事件は過去最高だったが、名張署管内では半減しており、一定の評価をいただいている。ただ、アンケート結果をみると潜在被害者も結構存在しており、市の相談件数730件中290件が消費者トラブルである。被害者の多くは高齢者だが、近年子どもの被害も増えている。国も消費者教育を重視しており、名張市でも教育委員会と連携を取りながら、子どもの被害防止に取り組んでいきたい。保護者の皆さんにもその内容をぜひ知っていただきたいと思っている。名張市には「出前トーク」があり、市の職員がいろいろなところに出かけてお話をしているが、その中で「未然に防ごう消費者トラブル」という内容で啓発を行っている。ぜひ各PTAでもご利用いただきたい。

 

1.あいさつ

   会長より

本日はお忙しいところお集まり頂きましてありがとうございます。本当に日中は暑い日差しが差し込む毎日となってきましたが、川や池の水がキラキラと輝きだす季節でもございます。子供たちも学校や先生、クラスの友達に慣れ笑顔がキラキラと輝きだすころではないでしょうか!
 日頃は公私ともお忙しいところPTA活動にご尽力を頂きありがとうございます。PTAにとって大きなイベントであります運動会を無事に終わられ、実績を重ねられたPTAも多いのではないでしょうか!心より感謝申し上げます!
 子育ては今しか出来ない苦労だとよく言われますが、PTA活動も子育ての一環かもしれません。一方で子どもはいつ一人立ちしてくれるのだろうと思う気持ちもございます。成長しても子育てはまだまだつづくということで、不安で楽しい毎日を送っています!
 さて私が会長に就任させて頂いてから1ヶ月と7日がたちました。短い間ではございますが、伊賀市PTAを始め色々な総会や会議に出席させて頂きましたが、1つ驚いたことがございます。色々な所で色々な人が『子供たちのために』と魔法のようにとなえていました。戦争や原発といった日本の問題、三重県や名張市の問題、家庭や学校、地域の問題、色々な問題がございますが、最も子供たちに近い私たちPTAが、最も弱者である子供たちの立場に立たなければならない。賢く生きていくために学んだ色々な常識や考え方を脱ぎ捨てて、大好きな子供たちの為に考える事が出来る魔法の呪文であることに気づく事が出来ました。この様な環境や機会を頂いた理事の皆様に感謝致します。
 今日は新年度、新しいメンバーで行う初めての理事会で盛り沢山ではございますが、いたらない所は私を育てるつもりで厳しくご指摘頂きまして、必要な所にはしっかりと時間をとり、割愛できるところは割愛するといったメリハリのある実り多い時間にしたいと思っておりますので、ご協力頂きますようよろしくお願い致します。

 

   校長会より

校長会より参りました、小学校代表の坂口と中学校代表の相樂で参加させていただきます。今学期もあと20日あまり、それぞれの学校では1学期のまとめの時期に入っています。

この場をお借りして、今年度より新しく始まったことをお知らせします。三重県教育委員会が「みえスタディ・チェック」を取り入れることになりました。これは教師の指導の参考にするとともに、個人のデータを個人的な課題のアドバイス等に利用することもできるというものです。また、皆さんご存知のように「土曜授業」が今年は試行期間で3回実施されることになり、ほとんどの学校が10月に1回目、2回目は11月22日に市内の小中学校で一斉に実施されることになりました。P連の会長さんも参加いただいて土曜授業の検討委員会を持っていますが、2回目の土曜授業実施後、来年度に向けての検証をすることになっています。皆さんは、各学校での取り組みはもちろんですが、名張市PTA連合会の理事さんということで、名張市全体のことも考えていっていただきますよう、お願いします。

 

三重県教職員組合名張支部より

 先ほどの会長のご挨拶にもありましたように、私どもも、子どもたちのために何ができるかを常に考えて活動しています。その一つとして8月3日、「教育の明日を語る会」を開催します。これは保護者の皆さまにも大変お世話をおかけして開催しますが、今年も分科会形式で「いのちの大切さ」がテーマのものと、今問題となっているDVについて語るものの二つを予定しています。ぜひ、多くの方にご参加いただいて、教員、保護者、地域の方々と話し合いたいと思っています。今後とも、子どもたちのために活動していきたいと思っていますので、よろしくお願いします。

 

 

2.協議事項

2−@ おやこクッキングについて(別紙)

  ・好評だったので、今年も引き続き実施したい。応募方法を往復はがきのみとしたい。

会長…例年大変好評なのでぜひ今年もやりたいが、申込方法が電話やFAXだと窓口の教育委員会の業務に支障をきたす。参加希望者には負担がかかるが、往復はがきのみの応募としたい。

(グループで協議)赤中B…往復はがきでいいのではないか。桔中南中B…往復はがきでいいが外れた人にも返事を出した方がいい。 →外れた人も全員に返信する。 名中B…異議なし。 北中B…原案通りで。チラシにいつまでにハガキが届くかを明記する。

 

2−A 感謝状について

  ・各PTAの本部役員全員に市P連より感謝状を送りたい

  ・市P連役員には教育委員会から感謝状を授与してもらう

会長…伊賀市P連、県P連では総会で表彰を行っている。各PTAでがんばってくださった本部役員の皆さんに感謝の気持ちを伝えたいと思い、感謝状をお渡ししたい。伊賀市や県では学校から推薦状を書いてもらった人を表彰しているようだが、初めての試みなのでシンプルに、先生も含めた役員全員に渡す。経費をあまりかけないように、A4の大きさでプリントアウトしたものを渡す。総会で各学校のものを封筒に入れて渡し、代表者のみ総会で会長から授与する。また、市P連の役員には市の教育委員長から感謝状を渡してもらえたらと考えている。

(グループで協議)赤中B…いただくのはありがたいが、経費や準備の負担が大きい。また年度が変わると配布するのも大変。自分たちは子どもたちのために動いているので、感謝状は特にいらない。 →配布は年度内に渡してもいい。 桔中南中B…特にそこまでは必要ない。予算ももっと他のことに使ったらいい。総会の時間も延びる。P連の役員さんは大変な思いをされているので、渡した方がいい。 名中B…いただけるものはいただく。 北中B…PTAは本部役員だけで運営しているわけではない。保護者が子どものためにやっている活動なので、予算もかかることだし、感謝の言葉だけで十分。 →お父さんお母さんが頑張っているということを子どもに示すものがあればいいと思った。感謝状をもらって親が幸せを感じると子どもも幸せだと思うが…。 →感謝状には取り組まない。

 

3.報告事項

3−@ HPの充実・活用について

  参考資料:「ちょっと待って!ケータイ&スマホ」(制作:文部科学省2014.3

会長・・・「名張市PTA」で検索すると、名張市PTA連合会のHPが出てくる。これをもっと充実させたい。例えば今日カラーコピー刷でお渡ししている「ちょっと待って!ケータイ&スマホ」というリーフレットは、文部科学省のサイトからダウンロードできる。これ以外にもネットやスマホの問題に関するサイトへリンクを貼ることを少しずつしていきたい。皆さんにご紹介したい役立つものがあれば、事務局まで連絡を。

 

3−A メールによる相談・対応について

  「P連だより」に連絡先を掲載して、利用を呼びかける。

会長…「P連だより」にP連のメールアドレスを載せて、皆さんのご相談にのるということをやりたい。例えば他の学校ではプール開放をどのようにやっているのか?といった内容を聞いていただけたらと思っている。

 

3−B 土曜授業について

  次回「土曜授業に係る第4回検討委員会」(11/28開催)にて各団体の検証結果を報告。

11月の理事会までに、各学校の意見を取りまとめてきてください。

会長…先ほど校長会からお話があったように、土曜授業に係る検討委員会が、校長会、教職員組合、市教委、P連の4者で開催されている。5月29日に第3回検討委員会があった。ほとんどの学校が10月に第1回の土曜授業を実施し、11月22日には市内一斉に行われる。9月に理事会を予定しているが、その次の11月の理事会で検証をし、11月28日の検討委員会に臨みたいので、各学校で意見を取りまとめて11月の理事会で報告していただきたい。

Q.どういう意見を取りまとめたらいいのか?土曜授業はやらない、という意見でもいいのか?

 →来年度の本格実施は決まっているので、やった内容やこういう弊害があったかなどといったことを出していただきたい。

Q.どうやって意見を集めたらいいか? →検討委員会で市教委が保護者や子どもにアンケートを採らないのか聞いたが、その予定はなく、それぞれの団体がそれぞれの立場で検証してほしいとのことだった。PTAの役員の中で検証をし、それを取りまとめて持ってきていただくことになると思う。

Q.やることがありきで検証しても意味がないのでは?やった内容を取りまとめて来年度の参考にするのはいいが… →校長会でもどうやって検証するかを検討中。実施する方向でも、例えば小中同じ日に授業参観をすると困るとか、スポーツの練習など社会開放を要請があればしているが、それはどうするかなど検討しなければならない。 →どうしても子どもたちに弊害や支障があるのならば反対意見を出してもらってもいい。 →教職員組合としては、子どもたちの様子を聞いてもらって、その視点からの意見を出してほしい。もちろん、教職員の負担も検証し、教員も子どもたちも元気でいられるようにしたい。

Q.現場が混乱しているように感じる。地域と協力してやるのか、普通の授業をするのか? →県教委も市教委も授業中心と言っているわけではない。 →中学校は塾や部活との兼ね合いがあり、困っている。また、教職員の時間外勤務の問題もある。地域の協力をいただいた方が週5日制の趣旨にはあっているが、通常の授業をやった方が楽というのも正直なところ。市によっては今年度やっていないところもある。検証という言葉はあたらないかもしれないが、いろいろな意見を出していただけたらと思う。 →土曜授業をやって効果が上がっているところがあるので、いいことなら1回やってみようということなのではないか。

Q.校長先生が先ほど言われていた「みえスタディチェック」の目的は?他県と比較して、土曜授業も学力重視になるのではないか? →年に数回行うが、それまでの学習方法で良かったのか検証したり、また指導方法に課題があれば改善するために行う。他県との比較はしないと聞いている。

Q.たくさんの意見を出してほしいのであれば、本部役員だけでなく全保護者にアンケートを採る必要があるのではないか。 →多方面からのいろいろな意見を出していただければ、という意味。

Q.肯定的な意見を出してほしいのか? →肯定的と言えば語弊があるが、よりよいものにするために前向きな意見を出してほしい。

Q.一保護者としての土曜授業に対する意見を聞いてもらえるとは思っていないが、それぞれの立場でどのようなスタンスで取り組もうとしているのかが見えない。ただ、どういう形であれ広く意見を聞いた方がいい。意見が来年に活かされるにはいつまでに出せばいいのか? →11月28日の検討委員会の意見を元に来年度の方針を決めるのではないか。第3回検討委員会の記録には「検証方法は各校で決める」とあるので、各学校でご意見を聞いていただいて、11月の理事会で出していただきたい。 →11月28日の検討委員会までにご意見を出していただくのがいいが、それ以外の理事会でもどんどん意見を出してもらえるといい。来年度の10回の土曜授業の計画も立てていくが、こうしたらよかったという意見などをいただいて参考にしたい。

 

3−C 伊賀地区教科用図書採択協議会について

  次回、722日(火)開催。

会長…現在、来年度の小学校の教科書の採択を検討している。どんな教科書なのかは、現在梅が丘小学校で展示されており、見ることができる。興味のある方はご覧になりご意見などあればご連絡ください。

 

3−D SCSchool)委員会(小中校区再編情報交換)について

  716()1930〜 防災センターにて、第1回SC委員会開催。(後日SC委員の方に案内を送付します)

会長…第1回ということで、これまでの経緯を説明したい。SC委員の方はご参加ください。

   

3−E 生活習慣チェックシートについて (別紙文書)

会長…県P連から届いているのを、お渡ししている。同様のものが、県教委、市教委を通じて各学校にも送られている。昨年は年度末に1回の取り組みであったが、今年度は7月と11月の2回予定されているようである。学校と相談の上取り組んでいただきたい。

 

3−F 「P連だより」について

   年3回発行(7月、12月、3月)

   第1号について

    ・会長インタビュー  ・役員からひとこと  ・定期総会、広報紙の作り方講座の報告 など

会長…今まではA4の片面だったが、ボリュームアップしてA4両面となる。ご期待ください。

 

3−G 「レインボー名張っ子」について

  5/8  No58編集会議     1面…「Kidsサポータークラブ紹介 2面…イベント情報

  7/3 1100〜市役所印刷室 No.58印刷

  7/4 1000〜市役所304303会議室  No.59 編集会議、No.58 発行・配布

副会長…ご協力をお願いします。

※今後の予定…No. 5910/1発行)、No. 6012/5発行)、No. 613/4発行)

 

4.連絡事項

○まちCOMIメールについて(別紙)スマホの方はアプリをダウンロードしていただくと便利。名前の前に学校名を入力してください。

 ○会費の納入を630日までにお願いいたします。

 ○名張市PTA連合会総会要項1部(単P保存用)

 ○県Pより、「PTA活動の手引き」(単P保存用)県P連の「会長等研修会」で配布されたもの。

 ○名同協報告書

 ○「みえの子育ちサポート出前講座」(別紙文書)無料で来てくれるので、活動の参考に。

 ○みえ子どもの未来を語る会(別紙チラシ) 7/12()13301600 サンワーク津  参加要請…2名 

    講演「子どものいのち・安全のために(仮称)」 講師 CAPみえ

 ○伊賀市P連主催勉強会「いまどきの高校入試事情…」(別紙チラシ)7/12()13301500伊賀市教育センター

 伊賀市P連主催のものだが、名張の保護者も参加可。伊賀市P連に直接申し込みを。

 ○「食を変えればいのち いきいき」講演会(別紙チラシ)7/20()13301530 武道交流館いきいき

 ○東海北陸ブロックPTA研究大会岐阜大会in下呂(別紙案内) 10/24()25(土) 参加要請…8

    申込み締切・・・716日(水)までに事務局まで

 参加費は県P連負担。旅費宿泊費は市P連負担。ご希望の方は申し込んでください。

 ○各PTAの封筒の中に、「生活習慣チェックシート」の文書も入っているので確認してください。

  ※単Pの総会要項を1部、事務局までお願いします(7/16のSC委員会か次回理事会にご持参ください)

  ※理事会の議事録は、名張市PTA連合会のHPに掲載します。

 

5.各PTAから

 特になし。

 

6.ブロックで懇談・質疑応答

 

 ※ブロック・・・A(赤目中、箕曲小、錦生赤目小、百合小)

B(名張中、名張小、梅が丘小、比奈知小、名張幼稚園)

C(桔梗が丘中、南中、桔梗小、蔵持小、つつじ小)

D(北中、すずらん小、美旗小、薦原小、桔梗東小、桔梗南小、桔梗南幼稚園)

 

 

 

 

 

 

7.その他

○次回理事会について(9月に予定、準備:B(名中)ブロック)