2015126日(月)1930

於:名張市役所大会議室

 

名張市PTA連合会第4回理事会(議事録)

 

1.あいさつ

   会長より

    皆さん、お疲れ様です。お忙しいところ、また足元の悪い中、ご出席いただきありがとうございます。今年度の理事会も皆さんのおかげさまで、第4回となりました。また日頃は各PTAの活動にご尽力いただき、感謝いたします。

    インフルエンザが大変流行っていますが、皆さんの学校ご家庭ではどうでしょうか。今年度もあと2か月ほどとなりました。よろしくお願いいたします。

   校長会より

   毎回のことですが、お仕事でお疲れのところご苦労様です。学校では現在インフルエンザのお子さんが大変多く、特に先週は学級閉鎖が多くありました。この土日を経て小康状態となっていますが、子どもさん方の健康管理も含めてお気をつけください。

   土曜授業ですが、今年度3回の試行を経て、来年度より本格実施となりました。ちょうど明日、土曜授業に係る検討委員会が行われ、こちらの会長さんや私どもも出席しますので、ぜひご意見を聞かせていただけたらと思っています。

三重県教職員組合名張支部より

    1月24()、恒例となっています名張文化講座で「怪盗グルーのミニオン」という映画の上映をいたしました。予約の段階で800人を超え、当日も700人以上の参加がありました。今年は土曜授業と重なったところが多く、1回の上映となりましたが、来年度は土曜授業と重ならないようにして2回上映したいと思っています。

    今後とも地域に根差した活動をしてまいりますので、よろしくお願いいたします。

 

※名張市人権センターより

 31()映画「うまれる」上映について

お手元に各PTAに一部ずつ、映画「うまれる」鑑賞会へのご協力のお願いと映画のチラシを5部ずつお配りしている。この映画は2〜3年前の男女共同参画映画祭にて名張市で上映されており、その時の感想で非常に好評であり、再上映を望む声も多かった。ぜひお誘いあわせの上お越しください。

一般の方には市民活動支援センターまでチケットを購入しにきていただいているが、P連の皆様につきましては、別紙にて事前申込みだけで、代金は当日会場でお支払いただければ結構です。ご協力のほど、よろしくお願いいたします。

 

2.報告事項

2−@ 「こども110番の車」について(別紙資料)

 ※名張近鉄ガスより

会長…このたび名張近鉄ガスさんが「こども110番の車」というステッカーを貼った営業車を走らせて、子どもが助けを求めてきたときは助けてくれるという取り組みを始めてくださる。これは犯罪の抑止力にもなりたいへんありがたいこと。この取り組みに名張市PTA連合会も協力し、ステッカーへ名前を併記することを、時間的な問題もあり役員のみで了承した。本日、名張近鉄ガスの方にお越しいただいており、この後説明をしていただくが、理事会では事後承諾となったことをご了承いただきたい。

近鉄ガス…弊社では「こども110番の車」の取り組みをすることになり、この取り組みへのご協力とステッカーへの「名張市PTA連合会」様の名前の併記をお願いしたい。

 当社の営業車32台に「こども110番の車」のステッカーを貼って活動する。内容はすでにある「こどもを守る家」の移動版となっている。また市内を走行することで犯罪者への牽制にもなる。

 別紙として社内向けのマニュアルとQ&Aの案を添付している。別紙A−()には実際に助けを求めてきた場合の対応の仕方を記載している。基本は子どもを保護した後は保護者等の到着を待つが、危険性がある場合などは安全な場所まで移動することもある。別紙A−()の用紙を車に積んでおいて、対応した場合は社に報告する。

 最後の別紙Bは、当社の協力会社2社が今回の取り組みに賛同して、それぞれ1台の車にステッカーを貼って走ることになった。合計34台に「こども110番の車」のステッカーが貼られることになる。

校長会…このような取り組みは、子どもの安全のために大変ありがたいことで感謝申し上げる。ただ、被害にあった子どもの個人情報、また被害にあったことなど他に漏れないようにどのように取り組まれるのか。教員であれば公務員なので守秘義務があり罰則規定もあるが、守られなかった場合はどうなるのか? →社内に、業務上知りえた個人情報に対する規定がある。就業規則には罰則もあり、それによって対応する。

校長会…大事なことなので、校長会の会議でもお話していただけないか? →お伺いさせていただく。学校でのポスターの掲示も検討しているが、それについてもご相談させていただく。

 

 

2−A 土曜授業について

会長…1128日の第4回土曜授業に係る検討委員会で、前回の理事会で出た要望を伝えた。

 ・できるだけ早く日程を知らせてほしい。 →2月上旬の広報「なばり」で来年度の予定をお知らせする予定。(回数は基本的に10)

 ・日程を県や国で統一できないか? →三重県では県教委から関係団体に、第3土曜に大会等をしないようにお願いしている。日程は最終的には市町で決めるので完璧に統一するのはむずかしい。国で統一するのは非常にむずかしいが、福井県などは土曜日に授業があるのは普通のことになっているようで、やっているうちに第3土曜は授業があるということが浸透していくのではないか、とのことだった。

 ・小中で参観が重なると困る。 →来年度は中学校ブロックごとに内容を決めるので、小学校と中学校で参観など保護者が参加する行事が重ならないように考慮する。

 

意見

 ・今年度の土曜授業と子どもの様子を見て感じたこと。今の子どもたちは普段放課後学校へ行って適当に遊ぶのではなく、きっちりと約束をしてきて遊ぶ。普段は放課後はあまり遊ぶ時間がないが、土曜授業のあった日は、学校で約束をしてきて、午後からしっかりと遊ぶことができた。子どもの友だち関係が広がったと感じている。学習面も大事だが、私たち保護者はそういった面も考えていきたいと感じた。

 

2−B 第3回伊賀地域高校活性化推進協議会について

  1216()県伊賀庁舎にて開催

会長…1216日、伊賀地域高校活性化協議会があった。今年度は、新高校についてはワーキング会議の報告のみで、協議の内容としては、「中高一貫教育について」、「特別支援について」、「伊賀地域の学科のあり方について」の3つが取り上げられている。中高一貫教育については、協議の結果、今後伊賀地域では検討しないこととなった。また、特別な支援を必要とする子どもたちへの対応については、入試制度も検討することになるなど難しい面もある。次回も引き続き協議することになっている。

 

2−C 「レインボー名張っ子」No.61について

  「こどもの安全特集」

  3/3() 1100〜 印刷(市役所3F印刷室)

  3/4() 1000〜 編集会議、配布作業(市役所301

 ご協力をお願いいたします。

 

3.協議事項

3−@ SC委員会について

SC委員長…今年度2回SC委員会を開催した。後期計画が出るようであればSC委員会を持つといっていたが、今年度中には出ないようだ。したがって、今年度はもうSC委員会は持たなくてもいいと考えるがいかがか? →異議なし。 →市教委との懇談では、来年度のできるだけ早い段階で後期計画を出したいとのことであった。来年度のSC委員会で検討していきたい。

 

3−A 来年度のあて職について(別紙1)

会長…昨年度の終わりに、初めての試みとして前年度の理事さんにあて職をお願いした。別紙1の◎のところにご協力いただき、今年度、非常に助かったと感じている。来年度は皆さんにお願いすることになるが、ぜひご協力をお願いしたい。

 

教育の明日を語る会…当日は大変参加者の多い事業。その内容を検討する会議などが3回ほどある。今年度は2名のうち1名を前年度の理事さんにお願いした。

みんなで語ろう会…教職員組合を中心にされている。会議は1回だった。

名張市人権・同和教育推進協議会…年5〜6回ある。人権について学ぶことができた。今年度は前年度の理事さんは参加していないがぜひお願いしたい。大変だが、行けば楽しいし、他団体と交流も持てた。

男女共同参画推進ネットワーク会議…会議の回数が多い。市長や市議会との懇談もあり、それは顧問がフォローした。ぜひ女性の方に参加していただけたらと思う。不安なところは役員でカバーできる。

青少年育成市民鍵…会議は年3回ぐらい。「こどもわかもの育成財団」の助成金の使い方などもここで決める。P連の「おやこクッキング」もこの助成金をもらってやっている。

サポートふれあい隊…それぞれの地域で月1〜2回パトロールをしている。何人でもいいということだが、今年は前年度の理事さん3名に協力していただいた。

社会教育委員…公民館活動など検討している。先日の成人式も社会教育委員の主催だった。

食育推進委員・教育センター運営協議会…保護者としての意見を求められる。社会教育委員もだが2年任期なので来年度もやらせていただく。

モーテル類似旅館等審議会…めったに開催されないので、役員さんで名前だけの登録でいいのではないか。

 

あて職の負担が大きく、忙しい人でも会長や副会長ができるようにするために理事さんにご協力をお願いすることになったが、現役の理事さんは単Pのことで忙しく、お願いするのは心苦しいということで前年度の理事さんにご協力をお願いした。会議によっては一保護者としての意見を言えばいいもの、理事会で特に報告のいらないものも多い。資料等があれば事務局に持っていってもらうということで今年度はやってきた。もちろん代表が出るべきものは3役で出席させていただく。来年度もぜひご協力をお願いしたい。

 →次回の理事会までにご検討ください。

 

4.連絡事項

・三重県PTA連合会研修会 2/8()13301600  県生涯学習センター視聴覚室(別紙チラシ)

  「〜子どもの心も育む食〜 子育て 親育て 食のチカラ」 申込締切…1/30()

・三重県PTA連合会主催「ファミリープログラム体験研修会」 2/21()13301600 (別紙チラシ)

         県男女共同参画センター 申込締切…1/30()

・県P連広報紙コンクール募集

  3/20()までに、名張市PTA連合会事務局まで

 

5.各PTAから

 特になし。

 

6.ブロックで情報交換

 

 ※ブロック・・・A(赤目中、箕曲小、錦生赤目小、百合小)

B(名張中、名張小、梅が丘小、比奈知小、名張幼稚園)

C(桔梗が丘中、南中、桔梗小、蔵持小、つつじ小)

D(北中、すずらん小、美旗小、薦原小、桔梗東小、桔梗南小、桔梗南幼稚園)

 

Aブロック…近況を話した。インフルエンザがどこも流行っている。来年度の役員選出で困っているところがある、など。Hクリニックでは、インフルエンザの予防接種が、3人以上だと500円引きになるというお得情報も出た。

Bブロック…来年度の役員決めなどについて話した。

Cブロック…私の個人的な意見。高校活性化協議会で特別支援のことが話し合われたということだが、三重県でも北勢高校は昼間定時制高校だが、そういう子どもたちを受け入れている。3人に1人ぐらい教師がついているそうだ。受験の枠をどうするとかではなく、そういう学校を作るということもできる。東大阪ではIQが低い子どもでも望めば進学を保証している。同じようにはできないかもしれないが、三重県でももっと頑張ってほしい。

Dブロック…統廃合について、いろいろな噂が先行しているので、早く後期計画を出してほしいという意見が出た。

 

校長会…特別な支援が必要な子どもたちは増えている。中学校の立場からいうと、伊賀地域の高校活性化を考える場でそのような協議がされるのは非常にうれしい。支援が必要な子どもたちは行くところがなくて困っている。重度の障害であれば伊賀つばさ学園が受け入れてくれるが、軽度の子どもはどうすればいいか。現在伊賀地域では中卒の求人はゼロであり就職はむずかしい。高校にも特別支援学級を置ける。大阪にはそのような高校があるが三重県にはない。支援が必要な子どもたちが大阪の私立学校や専門学校に通っているが、送り出す方としては非常に心配。そういう子どもたちこそ地元の学校へ行ってほしい。

 

7.その他

会長…事務局長の川合先生が病気療養で3月末までお休みをされる。

   先ほどの「こども110番の車」の取り組みは保護者や子どもたちに知ってもらう必要がある。今後「P連だより」や「レインボー名張っ子」の特集で取り上げる予定だが、各学校でも役員会等での報告をお願いします。

 

 

伊集顧問…朝日新聞に「なくそう交通事故」という連載をしており、今まで通学路の危険箇所などの情報提供でご協力をいただいた。今後、ボランティアで子どもたちの通学路の見守りをしてくれたり交差点に立ってくれている人の紹介などもしていきたいと思っている。ご存知の方がありましたらご連絡ください。

 

 

 

次回理事会予定 3月11()1930〜防災センター2F (準備:A(赤中)ブロック)  

※車は、市役所奥の駐車場に停めてください。