20161130日(水)1930

於:名張市役所大会議室

 

名張市PTA連合会第3回理事会(議事録)

 

1.あいさつ

   会長より

   ここ最近急に寒くなりましたが、体調を崩されている方はおられないでしょうか?P連の大きな行事「おやこクッキング」と「スマホ教室」が終了しました。スマホ教室も大変有意義な内容だったと思います。このあと、スマホのルール作りのチラシについて皆さんのご意見を伺いたいと思います。単位PTAの皆さんも年度末に向けて活動の締めくくりに入っているかもしれませんが、P連は夢新聞教室などまだ活動しますので、よろしくお願いいたします。

   校長会より

  1日のお仕事を終えお疲れのところ、ありがとうございます。2学期、学校ではいろいろな行事が開催されましたが、保護者の皆さまには多大なご協力をいただき、ありがとうございました。各PTAでは来年度の体制を整えていただいていることと思います。あと少しになって参りましたが、どうかよろしくお願いします。

三重県教職員組合名張支部より

   平素は学校と一体となって子どもたちのためにご尽力いただき、ありがとうございます。また、113日の「保護者と教師のためのスマホ教室」には私どもも参加させていただきましたが、スマホのトラブルの現状を知り、また「インスタグラム」など初めて聞く情報も多く、大変勉強になりました。教職員にも研修の機会を作っていただいてありがとうございました。子どもたちへのより早い段階での情報モラル教育が必要と感じました。

   お知らせですが、来年128()すずらん台の名張教育会館みなくるで、「ワークショップ in みなくる」を開催します。普段学校ではなかなかできないような内容を親子でともに学び活動する場となっており、例年200名ほどの方に参加していただいています。ぜひお子さんと一緒にご参加ください。

 

2.「夢新聞親子教室」について(別紙チラシ)

夢新聞認定講師・上村さん…夢新聞と聞くと夢を持ってないといけないというイメージがあるが、毎日がワクワクして充実していれば夢はなくてもいい。ではなぜ夢新聞か?夢を描くことでお子さんが興味を持っていることがわかって理解するきっかけになる。たとえば、以前開催した夢新聞親子教室で小2の女の子が「日本一のケーキ屋さんになる」という夢を描いたが、その子はアトピーでケーキが食べられなかったので、お母さんは心配したが、その子の夢はケーキが食べられない子どものためのケーキを作る日本一のケーキ屋さんになりたいということで、お母さんは大変感動し、今はその子の夢を応援している。このように親が子どもの考えや興味に気付くきっかけになっている。今年も24日に夢新聞親子教室を開催するので、ぜひご参加を。

会長…昨年開催して好評だったということで今年もやってもらいたいということになった。親子で感動する内容と聞いている。ぜひご参加ください。

 

≪報告事項≫

3.市教委との懇談について(別紙1)

  1012日、市役所にて開催

  ※小中一貫教育・統廃合を除く内容について回答、懇談

会長…皆さんから出していただいたアンケートを元に市教委へ質問を出し、回答をいただいた。確認いただき、ご質問があれば出していただきたい。

4.おやこクッキングについて(別紙アンケート)

 10231000〜、1330〜、名張近鉄ガス本社にて開催

 各10組ずつの親子が参加。おにぎらず、味噌汁、みたらし団子を調理。

会長…今回もたくさんの申込みがあり、厳正なる抽選をし、午前と午後、各10組の親子が参加した。アンケートでも楽しかったという感想が多く、楽しんでもらえたようだ。

5.東海北陸ブロックPTA研究大会名古屋大会について(別紙2)

  102829日名古屋市にて開催

会長1日目の分科会は第2分科会と第5分科会に分かれて参加した。報告にまとめているのでご一読を。

6.スマホ教室について(別紙アンケート)

  1131000〜、1330〜 名張市防災センターにて開催

会長…教師と保護者の方に参加していただいた。講師を派遣してもらった縁(ゆかり)エキスパートは、携帯会社ではないので、問題をはっきりと事例を挙げて伝えていた。講師は普通の主婦だったが、子どもたちを守りたいという強い思いでいろいろと勉強されている。新しいアプリやSNSなど半年たったら大きく変わり、ついていけない。私たち大人も「わからない」ですませずに勉強していかないといけないと感じた。

7.第2回伊賀地域高等学校活性化協議会(別紙3

  114日 三重県伊賀庁舎にて開催

会長…別紙3は当日の資料の一部を抜粋したもの。ここに「1学年2学級の学校」具体的にはあけぼの高校になると思うが、分校にするかなくすかという話も出ている。もちろん決定ではない。あけぼの高校は名張から子どもを呼ぼうと頑張っていて、こちらから通っている子どもは増えている。見学に行ったがいい雰囲気の学校だったのでなくなってしまうのは残念。この問題についてご意見やご要望があれば会長の方まで出してほしい。

Q.以前この会議に参加していた時に、中学校の校長先生が、「あけぼのは特別な支援が必要なお子さんの受け皿にもなっているので残してほしい」と言っていたが…  →知り合いの発達障害のお子さんが来年受験すると聞いている。残してほしいと思っている。

8.「レインボー名張っ子」No.68について

  表面…「科学の祭典」と簡単な実験紹介   裏面…イベント情報

  編集会議・配布作業  126()930〜 市役所305

 お時間のある方はご協力をお願いいたします。

 

≪協議事項≫

9.指名委員会について

  1026()第1回指名委員会

  ・指名委員長 山下 卓志(北中) ・副委員長 前川 欽也(蔵持小)

 指名委員長…来年度会長に、名張中学の青山さん、副会長に比奈知小の籔井さんと赤目中の安藤さんを推薦させていただくことになった。

10.スマホ・ケータイ問題について(別紙チラシ)

 昨年同様チラシを配布する。

 携帯販売店で渡してもらう。

会長…お手元の資料の中に昨年度配布したスマホのルール作りの啓発チラシを今年度も配布したいがいかがか?スマホ教室のアンケートにもあったが、お子さんが出さないで保護者の手に渡らないという問題がある。役員会で携帯の販売店でスマホを購入する際に渡してもらえばという案が出たが、どうか?販売店に知り合いがいれば協力していただきたいが…。

 津市の中学生が亡くなった事件もきっかけはスマホのラインだったそうで、大人の知らないところで子どもが苦しい目にあっていることもあるので、今年度もこのようなチラシを配布したいと思っている。これについてグループで協議していただきたい。

Aブロック…チラシは配布した方がいい。学校で配布するだけでなく、名張市全体で取り組んで、様々なところで手にとってもらえるようにしてはどうか。

Bブロック…単Pでもスマホの講習会が増えている。販売店に置くとスマホを売りにくくならないか? →社会貢献をしているということで、販売店のイメージアップになるのでは?

Cブロック…スマホに反対という親はあまりいないのではないか、スマホやパソコンに詳しい子どもになってほしいと思っている、という意見が出た。チラシについては販売店に置いてもらえるといい。

Dブロック…このようなチラシを配布するのはいいこと。販売店にも置いてもらえるといい。

 

Q.このチラシをよくみると「必要がなければスマホは持たせない」とかこわいイラストが載っているので、このままでは販売店には置いてもらえないかもしれない。スマホのメリットや楽しい絵も載せた方が置いてもらいやすいかもしれない。 →検討する。

 

11.土曜授業について

 土曜授業検討委員会 1215()1900〜市役所

 良かった点、改善点など

会長1215日の検討員会に皆さんの意見を持って行きたいと思っているので、よかった点、悪かった点などグループ討議で出し合ってほしい。

Dブロック…土曜授業の回数はこれから増えていくのか?今の土曜授業は地域の方とのふれあいの場となっている。地域と密着しすぎているのではないか、原点に戻って普通の授業をメインにしてはどうか。

Cブロック…いい点は、今まで参観に行けなかった保護者が参加しやすくなった。困っている点は、県外の塾に通わせている子どもは塾を休まないといけない。行事が多いので授業をしてほしい。正直にいうとない方がいい、といった意見が出た。

Bブロック…普通の授業もしてほしいという意見もある。行事をそこに持ってきているということもあるので、振替休日がない分授業をしているかもしれないが。また、地域と学校の連携が取れていないと感じる。どういうコンセプトでするのかも含めて土曜授業の今後の方向性を決めてほしい。

Aブロック…スポ少や習い事をさせている人は、学校を休ませたり習い事を休ませたりしている。子どもは学校へ行って、親は当番でスポ少に行っているということもあるようだ。土曜授業の後子どもが遊ぶ約束をして帰ってきて、昼から遊びに行くなどいい面もある。

会長…行事の都合で第2土曜にするときもある。もう少し小中の連携をとってもらうと、保護者も参加しやすい。

12.SC委員会について(別紙4

 1116日、第2回SC委員会 市役所にて開催

SC委員長…議事録は少し長いが別紙のようにまとめてもらっている。また教育委員会より、質問に対する回答とその答えと今後の進め方について書面で出してもらっている。これらは名張市PTA連合会のホームページで公開するのでご了承いただきたい。SC委員会自体は、これまでの説明会と同じような回答で質疑応答も同様であった。

委員の皆さんからは、もし次回があるのなら、もっと踏み込んだものを出してほしいという意見も出された。私の個人的な意見として、この統廃合にタイムリミットがあるのなら、子どもたちのことを考える時間がどんどん少なくなってきているので、各学校で子どもたちのことを考える特別な委員会を作ればどうかという意見を言わせてもらった。教育長からは、白紙撤回はできないが、できるだけ皆さんのご意見を取り入れたものに変更したい、とのことだった。次回、津市の小中一貫教育を取り入れている学校の保護者の方のお話を聞く機会を持つということも考えているが、グループ討議でSC委員会の今後の進め方について話し合っていただきたい。

Cブロック…市教委が来てくれても一方通行の話なので、来てもらう必要はない。SC委員会は情報交換しているだけで、P連としての意見が出せるのか疑問。

Dブロック…明らかに子どもに不利益なことがあればP連として言っていくがそれ以外は情報交換をする、ということだが、それだけなら開かなくてもいいのでは?という意見もあった。

Aブロック…個人的に1012日の懇談のときにも感じたが、市教委からちゃんとした答えが返ってこない。SC委員会で「青写真を出してほしい」といったのでそれが出るのなら開いてもいいが、それがなければ開かなくてもいいと思う。

Bブロック…名中ブロックは今回影響が少ない地域なので、他の学校と比べて温度差があるが、名張市全体を見て考えないといけない。

会長…最初の校区再編の基本方針が出て、SC委員会が作られたと思うが、正直歯がゆい面もある。皆さんの意見を参考に今後の進め方を検討したい。

13.各PTAから

 

14.その他

松岡副会長…先日「通学路交通安全推進委員会」に出席した。安全点検の内容とその見直しや進捗状況が説明され意見交換をした。この内容は、時期はわからないが市役所のホームページに公開される。また学校を通して報告されるとのことなので、自分の学校の点検で上がったところについてご確認ください。

 

≪連絡事項≫

書き損じはがきの収集にご協力ください(封筒内、別紙案内)3月中旬の理事会にご持参ください。

会長…三重県PTA連合会が活動資金の支援のために「ゆめ基金」というのを作っており、今回のスマホ教室もここから出してもらった。書き損じはがきの収益を基金に入れて運営している。よりよいPTA活動となるように、書き損じはがきの回収にご協力をお願いしたい。封筒の中に単P用のお願い文書を作って入れているのでご活用ください。

・教育フォーラム 12/3()845〜 名張市教育センター(別紙チラシ)

・ふれ愛コンサート 12/4()1330〜 ADSホール(別紙チラシ)各PTA36名の参加 

・コミュニティスクール推進研修会(別紙案内) 1/6()19002030 名張市防災センター 各学校3名の参加

教育委員会から直接各学校の会長宛てにすでに案内が送られている。それには参加者を報告する用紙も入っているので、直接教育委員会に報告をお願いします。

・男女共同参画推進フォーラム2016(別紙チラシ) 1/14()13301600 名張市武道交流館いきいき

・三重県PTA連合会研修会(別紙チラシ) 2/12()13301530  伊勢市観光文化会館

  講師 坪田 信貴さん   申込期間 12/15()1800より1/20()まで、県P連HPより申込み

・県P連広報紙コンクール募集(封筒内、別紙5)

  3/17()までに、名張市PTA連合会事務局まで

 5月に開催した「広報紙の作り方講座」で広報委員さんにお願いしたが、ぜひご応募ください。

 

15.ブロックで情報交換

 

 ※ブロック・・・A(赤目中、箕曲小、錦生赤目小、百合小)

B(名張中、名張小、梅が丘小、比奈知小、名張幼稚園)

C(桔梗が丘中、南中、桔梗小、蔵持小、つつじ小)

D(北中、すずらん小、美旗小、薦原小、桔梗東小、桔梗南小、桔梗南幼稚園)

 

 

 

 

 

次回理事会予定 1月25日()1930〜 防災センター (準備:D(北中)ブロック)  

                            ↑間違えないように