赤目一の井 極楽寺について



■真言宗豊山派■西境山大徳院■
目線の高さにほど近い比較的小ぶりな山門と、それに連なる漆喰壁や 石垣が端正なたたずまいで参拝者を出迎える。入り口付近に据えられた 自然石と低く刈り込まれた植木が、庭園のような趣をいっそう際立たせ ている。山内に歩み入っても、美しくしつらえられた緑や玉石がその端 然たる姿勢をくずすことなく、幽寂な散策境に誘い、堂宇や庫裏は山内 に満ちた寂漠の調和の懐ろ深く包みこまれるように佇んでいる。伊賀 四国八十八ヵ所の第50番、真言の美刹・当寺極楽寺は、本尊に不動明王 を戴く。開基については道観長者と寺伝は語るが、長者その人にまつわ るさまざまな口承同様伝説につつまれている。


創建は古く、『伊水温故』によれば、「旧記に本堂七間に六間、萱葺」と あるものの、現在の本堂は明治21年12月に造営されたもので、その天井は 名張・藤堂家の大広間部材をそっくり買い受けて移築したものであるとい う。また、村内にあった春日神社の宮坊円楽寺は、当寺の末寺であった。 歴代の住職については、諸資料から次のような名称だけが判明しているも のの、古い時期に属する住職の人となりなどその余については不明である。 第1代/実法(慶長15年) 第2代/実秀(貞享元年)
第3代/実印(宝永3年) 第4代/西俊(享保6年)
第5代/正心(享保9年) 第6代/浄庵(享保18年)
第7代/宥盛(享保18年) 第8代/宥印(元文2年)
第9代/盛栄(延享3年) 第10代/全威(寛延3年)
第11代/盛宵(宝暦7年) 第12代/義快(寛政2年)
第13代/正住(享和元年) 第14代/裕伝(文化5年)
第15代/法子(天保5年) 第16代/尊圭(嘉永2年)
第17代〜第20代まで不明・・・
第21代/泰山(文久3年) 第22代/勝明(不明)
第23代/荷光(不明) 第24代/大塚実栄(不明)
第25代/最勤(不明) 第26代/西村泰心(不明)
第27代/泉孝善(昭和12年) 第28代/泉俊善(平成5年)
第29代/泉孝明(現在)

寺宝には、正徳2年表装寄進の裏書をもつ涅槃画像や、江戸中期頃まで 当寺本尊であった阿弥陀如来像、『三国地志』にも「画像三鋪あり。明 琢筆するところ、印板といえども至って古雅なり」と謳われた不動明王 印板が数えられる。


たいまつのページに戻る