Back

TABI-NIKKI〜台湾編 其の壱




 みなさん、ごぶさたです。第二回目のTABI NIKKIはな、なんと海外。台湾編です。




〜出発〜

 昨年に初めて海外に行ったのですが、プライベートで行くのは今回が初めて。
 仕事仲間と無理矢理休みを合わせて行くことにしたのですが、上司にこっぴどく叱られる始末。。。
 だからという訳ではないのですが、思いっきり羽根を伸ばそうと強く心に決めた旅でした。
 これは関西国際空港のロビーです。
 平日と言うこともあってか、少し人が少なかったような気がします。
 ここで現地紙幣に両替をしてました。





 出発ロビーに行くまでにいろいろと寄り道をしていたら、ゲートに行ったときにはわずかの人しか残っていなかった。。。少し余裕をかましすぎたようです。
 この飛行機がこれから私達が搭乗する飛行機です。慌てて撮った為か手ブレがひどいな。。。ノースウエスト航空NW69便です。
 これから約3時間の空の旅です。ふと気がつくと、乗客の中に日本人はほとんどいなかったような気がします。まぁ、なんといっても平日ですからねぇ。
 18:25に出発して、中正国際空港に到着したのは現地時間の20:30頃。予定より少し遅れたようでした。






 入国審査を終え、荷物を手に到着ロビーに行くと現地添乗員が数人のツアー参加者と待っていました。
 添乗員の方は日本人のおじさんでした。気さくな人だったので、少し安心。
 それにしても、12月だというのになんて暖かさでしょうか。上着なんて邪魔になるだけでした。








 ホテルへ向かうバスを待っているところ。
 それにしても、日本人なんてそう珍しくないはずなのに結構現地の人からジロジロと見られてましたね。
 同じホテルに宿泊するツアー参加者は私たちを含めて3グループ。他は女性ばかりでした。少し肩身が狭い感じが。。。気のせい?
 バスで約40分でホテルに到着。それにしてもバスの運転手さん、飛ばしすぎ(汗)








 機内食に物足りなさを感じて、なにか美味しいものを探しに夜の台北市内を歩き始めました。
 クリスマスが近いからか、町のそこらじゅうでイルミネーションが。ホテルの傍に教会があって、そこのツリーがすごく綺麗でした。










 これがその教会の全体写真。どうですか?結構うまく撮れてるでしょ?
 実は少しブレてるんですけど、これくらいのサイズだとあんまり目立たない。
 それにしても、日本から離れると少しはクリスマスの雰囲気から逃れられるかと思ってましたが、大間違いでした。でも、日本ほどベタベタとくっついているカップルはいなかったですね。
 この暖かさでクリスマスは、少し変な感じでした。あっ!!日本は寒いからベタベタとくっついて歩くのかぁ!今さら、気づいたぞ(笑)










 近くのホテルのイルミネーションです。あ、私達が泊まったところではありませんから。念のため。。。
 あぁ、こんな雰囲気なのになぜ女っ気が全くないのぢゃ!!悲しすぎます。。。うぅ。










 街の至る所にコンビニやファーストフードのお店が。そして、こんなところにもマクドナルドが。
 東京風に言うとマック。大阪風に言うとマクド。
 書いてる言葉の意味は全く分かりませんでしたが。。。
 海外まで来てマクドを食べるはずもなく、延々と食事場所を探しながらパシャパシャ撮りまくってました。







 歩道橋から撮った街並みです。台湾は車優先社会らしく、青信号で横断歩道を歩いていても平気で右折車や左折車が歩行者の中に突っ込んできます。
 最初にガイドさんに注意されたことと言えば、飲み水と車でした。
 確かに突っ込んできてました。お、恐ろしい。。。
 あと、バイクが、特にスクーターが非常に多かった。ガイドさんの話によるとスクーターは免許なしで乗れるらしい。すごい国です。
 こうやって見てみると、日本の街並みとあまり変わらないですね。







 しばらく街中を歩いていると焼肉屋さんを発見しました。せっかくなので、本場の焼肉をいただきました。
 メニューには韓国風焼肉と書いてありましたが・・・(汗)
 驚いたのが台湾ビールの美味しいこと。日本の地ビールに近くてすごくあっさりとしていて飲みやすかったなぁ。
 結局、台湾にいる間はずっとこのビールを飲んでましたね。








 焼肉を食べた後、ホテルへ戻るまでに見つけた不思議スポットです。
 写真の文字がお判りでしょうか?
 路地裏に現れたビルの玄関にでかでかと!!○室哲○
 明らかに人名だと思うのですが・・・それとも、彼の持ちビルなのでしょうか(汗)
 果たしてこれは、どういう意図があって付けられたものなのでしょうね。全く理解できません・・・




 到着当日からうろうろとホテル周辺を散策したので、少し疲れました。でも結局眠りについたのは、日付が変わってからでした。





 二日目は朝からオプショナルツアーに参加です。出発は朝6時。。。4時間程しか寝てないです。行き先は九分(チョウフン)という場所に行きました。ホテルから車で一時間くらいのところで、海と山に囲まれた観光スポットです。
 バスに揺られて到着したのは、見晴らしのいい休憩所。台北市内の天気はそれほど良くはなかったのですが、現地に着くとうって変わって晴天でかなり気持ちのいい見晴らしでした。ここで記念撮影をした後、バスは更に高いところへ向かいます。







 この九分という町は、山の斜面にある為道が迷路のようになっていてあちらこちらに階段があるのが特徴です。観光客用なのか現地の人達の生活用なのか、石畳の路地沿いに店が連なっていてあちらこちらから食べ物の香りがしています。ツアーのパンフレットにこんな感じの写真が載っていて、俄然興味が沸いて申し込んでしまいました。なんか独特の雰囲気があるでしょ?日本ではなかなか味わえない雰囲気だと思います。お土産屋もあちらこちらにあったので、実家用にいくつか購入しました。









 お餅屋さんではこんな感じで作ってました。なかなか店先でこんな光景は見たことがなかったので、しばらく眺めていたら購入を勧められそうになったので、何気なく離れました。。。実は、こちらのお餅ってあんまり口に合わない事が既に発覚していたのでした。










 ここはご夫婦で手作りの陶器を製造、販売しているお店です。現地ガイドさんに連れられて、ここで自由時間。40分後にここで待ち合わせをしました。











 とても落ち着いた雰囲気の店内で、中ではお茶を飲むことができるそうです。お店の中は、階段が続いていて一番奥が工房になっていました。










 工房にはたくさんの作品が並べてありました。綺麗な柄の湯飲み茶碗が、棚いっぱいに。やはり台湾の人達はお茶にすごくこだわっているのがここからもわかる様な気がします。
 作品を撮らせてくださいとお願いをしたところ、快諾してくれました。とても気さくなご主人でした。でも、記念撮影をお願いすると照れるから・・・と断られてしまいましたが(笑)








 手前のお皿は、当日の朝に釜から出たばかりのものだそうです。
それにしても、小さな花の柄が多かったですね。絵柄は奥様が担当してらっしゃるそうで、花が好きなのかな?とても可愛らしい絵柄ですね。












 お店のあちらこちらにこんなに急な階段が。。。いい運動になりました(汗)
 この九分という街は、山の斜面に面した街なのです。









 集合時間まで少し時間があったので、街中をパチリ。台湾で非常に有名な映画が撮影された場所がこの近くにあるということで、記念撮影をしてもらいましたが・・・その映画観たことないからわかんないんですが。
 それにしても、やはりこの町は独特の雰囲気がありますね。オプショナルツアー、選択は間違えていなかったようです。




とりあえず、今回はここまで。後半は。。。頑張ってアップします(涙)



By まっさん 2005.10.11