二月堂との縁は道観長者からと
言われています



図解で詳しく説明しています。




名張生誕の江戸川乱歩先生に
ちなんで明智君がズバリ解決



名張〜奈良の道は江戸時代
伊勢参拝の主要道



一ノ井極楽寺について
 








「松明」との出会い
「たいまつ」との関係について
「春を呼ぶ会」とは?


関連事業活動の報告
「たいまつ」関連事業活動報告



「松明寄進行事」 一般参加者募集
「松明寄進」一般参加者募集



「春を呼ぶ会」主催 事業のお知らせ
主催事業のご案内



「春を呼ぶ会」 コレクション
記念グッズのご紹介

 








「松明」との出会い
「たいまつ」との関係について
「名張青年会議所」とは?


関連事業活動の報告
「たいまつ」関連事業活動報告




今年度名張青年会議所のホームページへ



NABARI張りっ子検定
「名張」に関する検定のホームページへ




「天正伊賀の乱」のホームページへ


ご意見・ご感想は・・・
「たいまつ」ホームページ
管理・責任者
春を呼ぶ会 事務局
までお願いします。
「お水取り」が終われば、関西に春が来る
本文へジャンプ

立春、雨水、啓蟄、春分、清明、穀雨、立夏、小満、
芒種、夏至、小暑、大暑、立秋、処暑、白露、秋分、
寒露、霜降、立冬、小雪、大雪、冬至、小寒、大寒

明確な四季のを持つ日本においてでさえ、より細かな季節を感じる
ために奈良朝時代からこの二十四節季が使われていたそうです。
この二十四節季がありながら、不思議な もので、世の人々は東大
寺の「お水取り」ではじめて春が来たといいます。
 そんな「お水取り」の松明を伊賀一の井から700年以上寄進し続
いていることを、ご存じですか?それも事の始まりは、ある長者の
遺言らしく、全国唯一松明を寄進して いるらしいのです。
 このホームページをご覧になり、一味違った「春の訪れ」を感じて
みてはどうでしょう。

春を呼ぶ会のページ
たいまつのページ
のページ
更新履歴